PR

Androidを買ったらマカフィーを入れるべし――McAfee Mobile Securityで全方位の安全確保 (1/2)

Android端末を購入したら、同時に考えなくてはいけないのがセキュリティ問題だ。PCと同じように、悪意のあるアプリやインターネット上の脅威にさらされる上、小さな端末は紛失・盗難の恐れもある。

 Android搭載スマートフォンやAndroid搭載タブレットの市場が広がる中で、当初から指摘されてきた問題がある。端末に対して不正な操作を行うアプリケーション(アプリ)「マルウェア」の存在や、多くの情報を格納した端末を紛失してしまうリスクだ。

 Android端末には、開発者登録さえしてしまえば誰でもアプリを世界に向けて配信できるAndroidマーケットという非常に便利な機能が用意されている。しかし、GoogleはAndroidマーケットという“場”を提供するのみで、開発者やアプリの審査は行っていない。つまり、本当に誰もがどんなアプリでも配布できてしまう。それらのアプリの中に、悪意を持って開発されたアプリがないという保証はどこにもない。実際、不正な動作をするアプリがAndroidマーケットで配信されていた事例もすでに報告されている。

 こうした不正なアプリは、ユーザーからの通報によって削除されるが、通報されるまでの間は公開されており、その間にダウンロードしてしまう可能性はある。端末の誤動作や意図しない情報の流出などを引き起こすこうしたマルウェアは、ユーザーが細心の注意を払っていても、一定の確率で遭遇してしまう。

 また、高機能で便利なスマートフォンは、さまざまな情報が集約されるため、個人情報や、場合によっては機密情報などが端末内に保存される。これをなくしてしまったら、多方面に影響があるだろう。また、例えば電話帳のような自分の大切なデータが端末内にしかなかったら、紛失したときのショックも大きい。

Photo McAfee Mobile Security

 だからこそ、安心・安全にAndroidスマートフォンを使うには、備えが必要になる。今やアンチウイルスソフトが入っていないPCを見かけることがないように、Android端末にもこうしたセキュリティ対策アプリは必須のものになるだろう。そこで注目したいのが、マカフィーがスマートフォン、およびタブレット端末向けに提供している「McAfee Mobile Security」だ。

 マカフィーは、全世界で1億台を超えるモバイルデバイスにモバイルセキュリティテクノロジーを提供する企業。モバイル向けのセキュリティソフトベンダーとして世界最大手であり、2004年から、NTTドコモのFOMA端末向けに「セキュリティスキャン」という名称でセキュリティサービスを提供しているなど、モバイル業界での豊富な経験と実績を持つ。また、NTTドコモとソフトバンクモバイルは、同社のMcAfee VirusScan Mobile for Androidの技術を採用し、Androidスマートフォンユーザー向けにセキュリティサービスを提供していることからも分かるとおり、キャリアからも信頼されているブランドだ。

McAfee Mobile SecurityでAndroid端末のリスクを軽減

 McAfee Mobile Securityは、Android搭載スマートフォンやAndroid搭載タブレットにインストールすることで、Android端末に起こりうるさまざまなリスクを低減できるアプリ。具体的には、VirusScan Mobile、WaveSecure、SiteAdvisorという3つのサービスが1セットになった便利な製品である。

 通常、Android端末のセキュリティと言われると、マルウェア対策やウイルス対策を思い浮かべがちだが、実は「端末紛失」というのも大きなリスクであることは意識されていないことが多い。McAfee Mobile Securityは、マルウェア対策ができるのはもちろんだが、この“端末をなくしてしまったとき”の情報保護機能が大きなウリの1つとなっている。

 McAfee Mobile Securityをインストールすると、まずは端末の電話番号を登録し、SMSを送信して確認を取った後、6桁のパスコードの設定を求められる。そして次に、端末に現在差さっているものと別のSIMが挿入された場合に、自動的にSMSで通知を送信するための送信先電話番号の登録を行う。こうすることで、万が一SIMを抜かれて別のSIMを差されたりした場合、速やかにその事実を通知する。

 SMSを通知する際の番号は、「友人の追加/編集」というボタンを押して登録するように促される。友人といっても、既婚者なら夫や妻のケータイ番号を、恋人がるならその人の番号を、あるいは家族の誰かの番号を登録しておくのがいいだろう。もし自分で別の回線を持っているなら、そちらの電話番号を登録してもいい。登録すると「友人に通知しますか?」と画面に表示されるが、「はい」を押してもすぐにSMSが送信されるわけではないので安心して「はい」を押そう。

PhotoPhotoPhotoPhoto McAfee Mobile Securityのインストール手順。パッケージを導入すると、まずは電話番号とパスコードの設定を行う。この電話番号とパスワードは、McAfee Mobile SecurityのWebサイトにログインする際にも必要になる重要な情報だ。電話番号はSMSで確認するため、間違えると正しく認証できない。もう1つ重要なのが、新しいSIMが端末に挿入されたり、端末が盗まれたりした場合にSMSを送信する機能。「友人の追加/編集」ボタンを押して電話番号を登録する
PhotoPhotoPhotoPhoto 友人リストには最大9つの電話番号を登録しておくことができ、何かあった際には一斉にSMSが送信される。最後に「友人に通知しますか?」というメッセージが表示されるが、ここで「はい」を押してもすぐにSMSが送信されるわけではない。設定の確認のための「はい/いいえ」なので、「はい」を選んでリストを保存する

 ここまでの設定が終わると、McAfee Mobile SecurityがAndroid端末に常駐するようになる。ちなみに端末にセキュリティロック(指リストやロックNo.、パスワード)を設定していない場合、このタイミングでロックを設定するよう促される。

PhotoPhotoPhotoPhoto 設定が完了するとMcAfee Mobile Securityの簡単な紹介が表示される
       1|2 次のページへ

提供:マカフィー株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia +D 編集部/掲載内容有効期限:2011年8月24日

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

関連記事

「REGZA Tablet」の安心・安全を支えるMcAfee WaveSecure 東芝がマカフィーを選んだ理由とは
東芝から7月22日に発売されたAndroid 3.1搭載タブレット「REGZA Tablet」は、ユーザーの安心と安全のために、マカフィーの「McAfee WaveSecure」を30日間無料で利用できるようにしている。ユーザーのセキュリティ対策として、東芝がマカフィーの製品を選んだ理由を聞いた。

個人持ちのスマートデバイスが業務端末に――老舗マカフィーの“ひと味違う”MDM
「導入したい、でもコストは抑えたい」――。スマートデバイスの導入を検討する企業が抱えるこんな悩みを解決するのが、マカフィーの法人向けモバイル端末管理ツール「McAfee EMM」だ。

ソフトバンクモバイルがマカフィーを選んだ理由は“使っていることを意識させない”セキュリティ対策
iPhoneだけでなく、Androidスマートフォンも積極的に導入し、ユーザーの多様な要求に応えているソフトバンクモバイル。一方で、ユーザーが安心してスマートフォンを利用できる環境の構築にも余念がない。他社に先駆けてマカフィーのウイルス対策サービスを導入した同社に、マカフィーを選択した理由を聞いた。

Android向けマルウェアで気をつけるべきこと
Android搭載端末の普及によってスマートフォンユーザーが増加する一方で、サイバー犯罪者たちも本格的にAndroidを標的にし始めているようだ。マカフィーの石川克也氏に話を聞いた。

マルウェアだけではない、モバイルデバイスのリスク――マカフィー 田中氏に聞く
スマートフォンはオープンなプラットフォームであるが故に、ケータイではあまり意識されてこなかったさまざまなセキュリティ上のリスクがある。今注目を集めるスマートフォンのセキュリティについて、マカフィーのCSB事業本部 取締役 常務執行役員 事業本部長、田中辰夫氏に聞いた。

入れてもサクサク動く?――Android向け「McAfee Mobile Security」を試す
マカフィーが販売を開始した、スマートフォン向けセキュリティスイート「McAfee Mobile Security」――Android向けトライアル版アプリで、その使い勝手をさっそく検証した。

「業界で最も広範かつ強固」――マカフィーがモバイル向け総合セキュリティソフト発売
マカフィーがAndroidなどのモバイルOS向け総合セキュリティスイート「McAfee Mobile Security」を発売。ウイルス対策に加え、バックアップ、リモートロック/消去、端末の位置追跡といった幅広いセキュリティ機能を備える。

Android向けウイルス対策「ドコモ あんしんスキャン」を無料提供
NTTドコモが7月1日から、同社のAndroidスマートフォン/タブレット向けに無料のセキュリティサービスを導入する。マカフィーのMcAfee VirusScan Mobile for Androidの技術を採用した。

マカフィー、手離れ良く従業員のスマートフォンを管理できる「McAfee EMM」(TechTargetジャパン)
マカフィーはスマートフォンやタブレットなどの各種端末にポリシーの一斉配信やシングルサインオン認証機能を設定できるモバイル管理製品を発表。管理コンソール上で、従業員の端末利用を一元管理できる。

iPhoneやAndroidを企業情報システムに安全に接続、集中管理(TechTargetジャパン)
McAfee EMMは、iPhoneやAndroid端末などのモバイルデバイスを企業システムに安全に接続・管理可能とする製品だ。OSが異なる多数の端末に対しても共通のセキュリティポリシーを適用できる。