ニュース
» 2011年07月25日 15時20分 UPDATE

シャープ、メディアタブレット「GALAPAGOS」のAndroid 2.3アップデートを延期

シャープが7月25日、開始を予定していたメディアタブレット「GALAPAGOS」のソフトウェアアップデートを延期すると発表した。提供開始時期は改めてWebサイトなどで後日案内する。

[園部修,ITmedia]

 シャープが、7月25日に予定していた、メディアタブレット「GALAPAGOS」の10.8型ホームモデル(EB-WX1GJ)と5.5型モバイルモデル(EB-W51GJ)のOSをAndroid 2.3に変更するソフトウェアアップデートの配信を延期した。提供開始日時は改めてメディアタブレットのWebページ(http://sharpgalapagos.jp/)で案内するとしている。

Photo クラウドメディアサービスGALAPAGOSの専用端末としてリリースされたが、アップデートにより汎用的なAndroidタブレットに生まれ変わる予定

 GALAPAGOSのOSアップデートは、7月14日に発表された。これまでGALAPAGOSはクラウドメディアサービス「GALAPAGOS」の専用端末という位置づけだったが、OSをアップデートすることで、GALAPAGOSはAndroid 2.3搭載の汎用タブレット端末になる予定だった。

 OSがAndroid 2.3になると、YouTubeや音楽再生などAndroidに標準搭載されたGoogleアプリケーションやAndroid マーケットからダウンロードしたアプリの利用が可能になる。また、同社の薄型テレビAQUOSシリーズと連携機能する「AQUOSリモート」にも対応し、チャンネル変更や番組検索などの操作がGALAPAGOSから行えるようになる。電子書籍ストアサービス「TSUTAYA GALAPAGOS」はアプリでの提供となるが、これまで通り同じユーザーインタフェースで購入や閲覧が可能だ。

 提供延期の原因などは明らかにされていない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.