ニュース
» 2011年08月01日 23時29分 UPDATE

Android版は手書きIME――MetaMoJi、「mazec (J) for Android[β版]」を提供開始

MetaMoJiが、手書き日本語入力方式「mazec」をIME化したAndroid端末用の手書きIME「mazec (J) for Android[β版]」の提供を開始した。

[エースラッシュ,ITmedia]

 MetaMoJiは8月1日、Android端末向けIME「mazec (J) for Android[β版]」の提供を開始した。「mazec (J) for Android[β版]」はAndroidマーケットでダウンロード可能。2011年9月末までは無料で利用でき、2011年9月以降は製品版を有料で販売する予定だ。

Photo 漢字かな混じりの手書き入力が可能な「mazec (J) for Android[β版]」

 「mazec (J) for Android[β版]」は、iPad 用デジタルノートアプリ「7notes」やiPhone 用のデジタルメモアプリ「7notes mini」に搭載されている「mazec」をIME化したもので、Androidスマートフォンのメールアプリやブラウザなども含めたあらゆるアプリの日本語入力機能として使用できる。

 単に手書きで入力できるだけでなく、思い出せない漢字の読みをひらがなで入力するなど、漢字とひらがなの混ざった入力でも変換できる「交ぜ書き変換入力」機能を持つ。たとえば「かいぎ」や「会ぎ」、「かい議」といった入力で「会議」と変換することが可能だ。

 MetaMoJiでは、β版の提供を通じて改良を施し、製品版の開発を進める。また、Twitterアカウント@androidmazecjで最新情報を提供、ハッシュタグ #mazecanにてユーザーとの情報交換を行っていくという。

 8月1日現在の動作確認機種は以下の通り。

mazec (J) for Android[β版] 動作確認機種

AQUOS PHONE SH-12C、MEDIAS WP N-06C、Xperia acro SO-02C、GALAXY S II SC-02C、GALAXY S SC-02B、Xperia acro IS11S、IS05、INFOBAR A01、AQUOS PHONE 007SH


Button

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.