ニュース
» 2011年08月23日 14時10分 UPDATE

Windows Phone 7.5スマートフォン「Windows Phone IS12T」、8月25日から順次発売

KDDIは8月23日、OSにMicrosoftのWindows Phone 7.5を採用した富士通東芝製の防水スマートフォン「Windows Phone IS12T」を、8月25日から順次販売すると発表した。

[園部修,ITmedia]

 KDDIが、国内初のWindows Phone 7.5搭載スマートフォン「Windows Phone IS12T」を8月25日から順次発売すると発表した。発表当初は9月以降の発売を予定していたが、9月を待たずに販売を開始する。8月25日に発売するのは北海道、東北、関東、中部、関西、九州、沖縄エリア。北陸と中国エリアは26日、四国エリアは27日の予定だ。

PhotoPhoto

 Windows Phone IS12Tは、富士通東芝モバイルコミュニケーションズが開発した、Windows Phone 7.5(開発コード名:Mango)を採用するスマートフォン。Metro UIと呼ばれるタイル状の独特なユーザーインタフェース(UI)を備えるのが特長だ。アドレス帳に代わって、メールやSNSなど、これまで個別のアプリで管理されていた情報を“人とのコミュニケーション”をベースに一元管理できる「People Hub」を備えるほか、PC版Internet Explorer 9と同等の技術を活用した高性能Webブラウザなども搭載する。

 約3.7インチのワイドVGA(480×800ピクセル)TFT液晶を採用した比較的コンパクトなボディは、片手での操作もしやすい横幅は約57ミリ。IPX5/IPX8およびIP5Xの防水・防塵性能も持つ。ボディカラーはシトラス、マゼンタというポップなカラーとスタンダードなブラックを用意した。

 カメラは有効約1320万画素のCMOSタイプ。チップセットはSnapdragon MSM8655 1GHzで、32Gバイトの内蔵メモリを装備。WIN HIGH SPEEDに対応しており、対応エリアでは下り最大9.2Mbps、上り最大5.5Mbpsでの高速通信ができる。

 バッテリー容量は3.7V 1460mAhと比較的余裕があり、連続通話時間約400分(6時間40分)、連続待受時間約280時間を実現。Wi-FiはIEEE802.11b/g/n、Bluetoothは2.1+EDRをサポートしている。なおCメールは受信のみ対応、Eメール(@ezweb.ne.jp)は2011年10月上旬に対応予定となっている。Eメール機能は後日ダウンロードで対応する。

「Windows Phone IS12T」の主な仕様
機種名 IS12T
OS Windows Phone 7.5
CPU Qualcomm Snapdragon MSM8655 1GHz
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約59×118×10.6ミリ(最厚部13.3ミリ)
重さ 約113グラム
連続通話時間 約400分
連続待受時間 約280時間
アウトカメラ 有効画素数約1320万画素CMOS(AF対応)
内蔵メモリ 32Gバイト
メインディスプレイ 約3.7インチワイドVGA(480×800ピクセル)TFT液晶
サブディスプレイ
無線LAN IEEE802.11b/g/n
Bluetooth 2.1+EDR
ボディカラー シトラス、マゼンタ、ブラック
主な機能 Eメール(@ezweb.ne.jp)※2011年10月上旬対応予定、Cメール※受信のみ、グローバルパスポートCDMA/グローバルパスポートGSM、Windows Live SkyDrive ほか

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.