ニュース
» 2011年08月25日 15時23分 UPDATE

秋葉原と有楽町で発売記念セレモニー:Windows Phone IS12T発売、「全力で巻き返しを図りたい」――MS樋口氏 (1/2)

「Windows Phone! Windows Phone! Windows Phone!」――日本マイクロソフト樋口氏の熱い叫びが印象的だった「IS12T」の発売記念セレモニー。KDDI牧氏、富士通東芝モバイルコミュニケーションズ大谷氏も駆け付け、IS12Tにかける想いを語った。

[田中聡,ITmedia]

 世界初の「Windows Phone 7.5」を搭載したスマートフォン「Windows Phone IS12T」が、8月25日にKDDIから発売された。日本マイクロソフトはIS12Tの発売記念セレモニーを、ヨドバシカメラマルチメディアAkibaとビックカメラ有楽町店で実施し、あらためてWindows PhoneとIS12Tの魅力をアピールした。

スマートフォン市場を活性化させたい

photophoto ヨドバシカメラマルチメディアAkibaの松井氏(写真=左)と日本マイクロソフトの樋口氏(写真=右)

 ヨドバシカメラマルチメディアAkiba店長の松井昭二郎氏は「待ちに待ったWindows Phoneが発売された。我々社員はMicrosoftさんのセールストレーニングを事前に受け、お客さんの用途によって十分説明できるよう準備している。台数も十分準備しているので、ぜひ利用してほしい」と意気込みを話した。

 日本マイクロソフト 代表執行役社長の樋口泰行氏は、「やっとこの日を迎えることができ、天気は曇っているけども晴れやかな清々しい気持ちでいっぱい」と明るく挨拶。「Windows Phone 7.5は、世界で初めて日本が先駆けて発売でき、日本のMicrosoftとしても非常にうれしい。いろいろな方から『たいへん出来のいいスマートフォンですね』という感想をいただいている。とにかくサクサク動くし、MicrosoftなのでもちろんWord、Excel、PowerPointといったOffice製品も標準ですべて入っている」と完成度の高さをアピールした。「これまでの概念をまったく変えるような新しいコンセプトを掲げ、『これからのスマートフォンがどうあるべきか』ということから作り替えた。非常に画期的な製品なので、社員一同エキサイトしている。1人でも多くの方に使っていただき、スマートフォン市場を活性化できるよう貢献していきたい」

 最後には「Windows Phone! Windows Phone! Windows Phone! ぜひよろしくお願いします」と力強く締め括った(ビックカメラ有楽町店でも同じ)。

photophoto KDDIの牧氏(写真=左)と富士通東芝モバイルコミュニケーションズの大谷氏(写真=右)

 KDDI 執行役員 商品統括本部長 牧俊夫氏は「日本のメーカー、日本の通信会社から、米国のOSであるWindows Phone 7.5を出すことができたのは、非常にうれしく思っている。この商品は、『スマートフォンはちょっと難しいな』と思っている方にぜひ触っていただきたい。本当に使いやすくできている」と、スマートフォン初心者にも使いやすいことを強調した。

 富士通東芝モバイルコミュニケーションズ 代表取締役社長の大谷信雄氏は、「2010年10月に富士通東芝モバイルコミュニケーションズが設立されたが、その前からすでにWindows Phone 7.5の企画、開発を始めていた」と明かした。「IS12Tは、富士通と東芝が統合して力を合わせた最初の商品。防水、画像処理や音声処理の技術も盛り込んでいる。Androidもあるが、スマートフォンの中で信頼性も高く、安心して使えるという意味で、Windows Phoneにはすごく期待している。Microsoftさんが会社をかけてスマートフォンOSを開発された。その第1号機を富士通と東芝の技術陣が力を合わせて作った自信作だ」と胸を張った。

 イベントのゲストとして、タレントの片瀬那奈さんも登場。「(IS12Tは)インターネットもカメラもすごく使いやすい。デザインも好きで、このピンク(マゼンタ)はジャケ買いしたくなる」と感想を話した。

photophoto 片瀬那奈さん
photophoto テープカットが行われた

年配も方も含めて幅広いユーザーに使ってほしい

photophoto ビックカメラ有楽町店の荒井氏(写真=左)と樋口氏(写真=右)

 ビックカメラ有楽町店でも同様のイベントが実施され、店長の荒井文司氏は「スマートフォンではニーズが多様化しているので、新OSが発売されることで、多数のお客様のニーズに応えられると期待している。本日は閉店22時までタッチ&トライのイベントを開催している。店内にも多数のデモ機を用意しているので、お客様にもその良さを実感してからお求めいただきたい。日本一の販売台数を獲得すべく頑張っていきたい」と意気込みを話した。

 樋口氏は「Windows Phone 7.5は世界での初めて日本で投入することになった。これまでのWindows Mobileの流れを見直して、スマートフォンとはどうあるべきかを考えた。追いかける立場ではあるが、たいへん素晴らしい出来のOSを出せたと思っている。インタフェースも簡便で分かりやすい。ソーシャルメディアがシームレスに連携し、友達リストも統合される。(スタート画面には)アプリケーションのアイコンが並んでいるのではなく、いつも使いたい機能を正面に置いて、自分なりのメニューを用意できる。Word、Excel、PowerPointといったOffice製品も入っているので、仕事にもエンタメにも活用できる。社を上げて全力で巻き返しを図りたい」と力強く語った。

photophoto 牧氏(写真=左)と大谷氏(写真=右)

 牧氏は「米国で実施された、スマートフォンのOS顧客満足度の調査によると、Windows Phone 7が2位だった。その7の中身をすべて見直して完成したのが7.5なので、相当使い勝手が向上している。年配の方を含めて、もっと幅広いお客様に使っていただきたい」と期待を寄せた。

 大谷氏はヨドバシカメラマルチメディアAkibaでも話したIS12T開発の経緯に加えて、Windows Phoneに対するこだわりにも触れた。「東芝と富士通は日本のPCメーカーでもあるので、Windowsについては長い歴史を持ってMicrosoftさんとお付き合いしている。そういう中で、Windows Phone 7.5を世界で初めて出せるというのは、富士通東芝にとってもたいへん名誉なこと。Androidの世界もあるが、安定していて安心して使えるWindows Phoneの新しいスマートフォンの世界も広げたいと思っている」

 ゲストの片瀬さんは「Windows Phoneの噂は聞いていたけど、こんなに早く出るとは思わなかったのでビックリしている」と驚きを口にした。

photophotophoto 片瀬那奈さん
photophoto こちらではくす玉開きが行われた

メトロUIとPeopleハブをアピール

 ヨドバシカメラマルチメディアAkibaとビックカメラ有楽町店で実施された樋口氏と片瀬さんとのトークセッションで、樋口氏があらためてWindows Phoneの特徴を説明。他のスマートフォンとの違いについて同氏は「UI(ユーザーインタフェース)が非常に分かりやすい」ことを挙げた。Windows Phone 7以降のインタフェースは「メトロUI」と呼ばれ、大きなタイル状のアイコンがスタート画面に並ぶ。これは女性にも人気があるという。「爪を伸ばしている人だと小さいアイコンは押しにくいが、このスタート画面だと簡単に押せるので、インタフェースも好評だ」と同氏は手応えを口にする。

 SNSやメールなど人を中心に統合できる「Peopleハブ」もWindows Phoneならではの機能だ。「これまで、SNSを利用するには各アプリを立ち上げているのが基本だが、Windows Phoneはシームレスに統合されるので、FacebookやTwitterなども一括で見られる。コンテンツよりも相手を先に選んでコミュニケーションするという、人を中心としたインタフェースになっている。アプリごとの連絡先もすべて統合できる」と特徴を説明した。

photophoto 樋口氏と片瀬さんのトークセッション
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.