ニュース
» 2011年09月02日 15時55分 UPDATE

ドコモ、設定ミスで特定ドメインにメール送信できない不具合

ドコモのiモード/spモードメールが、サーバの設定ミスのため特定ドメインに送信できない状態にあった。期間は2009年11月から2011年7月までで、現時点で利用が判明している447人に通信料を返金する。

[平賀洋一,ITmedia]

 NTTドコモは9月2日、iモードおよびspモードのメールから特定ドメインに対しメールが送信できない状態にあったと発表した。メールが送信できなかったユーザーには、通信料の返金で対応する。

 送信できなかったのは、ドメインに“jp-*.ne.jp”を含むメールアドレス。ただし、旧J-フォン(現ソフトバンクモバイル)向けのドメインには送信できていた。原因はドコモメールサーバーの設定誤りで、送信できない期間は2009年11月18日から2011年7月1日まで続いていたという。

メールが送信できなかった特定ドメイン jp-*.ne.jpを含むが送信できたドメイン(、旧J-フォン用)
jp-*.ne.jp @jp-d.ne.jp/@jp-h.ne.jp/@jp-t.ne.jp/@jp-k.ne.jp/@jp-r.ne.jp/@jp-s.ne.jp/@jp-n.ne.jp/@jp-q.ne.jp/@jp-c.ne.jp
期間は2009年11月18日から2011年7月1日まで

 ドコモでは2011年4月〜7月までの通信記録に基づき、447人のユーザーに総額8010円(1人平均約17.9円)を返金する。また2011年4月以前については、通信記録が残っていないことから、ユーザーからの申告を元に利用状況を確認して返金するという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.