ニュース
» 2011年09月07日 16時10分 UPDATE

イー・アクセス、ストレート型Android「S42HW」とWi-Fiタブレット「A01HW」の発売日を発表

イー・モバイルのテンキー搭載のストレート型Android「S42HW」と、Android 2.3搭載タブレット「A01HW」の発売日が決定した。

[田中聡,ITmedia]

 イー・アクセスは、イー・モバイルのAndroidスマートフォン「S42HW」(Huawei製)を、「smart bar(スマートバー)」として9月22日に発売する。さらに、ボディカラーにホワイトを追加し、10月上旬に発売する。smart barという商品名は、スリムでストレートな形状に由来する。

 smart barは、国内のAndroid端末では初の物理型のテンキーを備えたモデルで、フィーチャーフォンと同様の操作性で電話やメールを利用できる。赤外線通信を利用できるのも特徴の1つ。最大5台の機器が接続できるテザリングもサポートしている。価格は「ベーシック」契約時が2万9800円、「シンプルにねん+アシスト800」契約時が100円。

photo 「smart bar(S42HW)」

 あわせて、Android 2.3搭載のタブレット「A01HW」(Huawei製)を9月15日に発売する。A01HWはWi-Fi版のみを販売し、Pocket WiFiなどのWi-Fiルーターと組み合わせての利用を想定している。ディスプレイはXGA表示(1024×768ピクセル)対応の7インチ液晶を搭載。バッテリー容量は4800mAh。イー・モバイル オンラインストア価格は3万4800円。

photo 「A01HW」

「smart bar(S42HW)」の主な仕様
製品名 smart bar(S42HW)
OS Android 2.3
本体メモリ ROM 512Mバイト/RAM 512Mバイト
ディスプレイ 3インチワイドVGA(480×800ピクセル)
タッチパネル 静電容量方式タッチスクリーン
通信速度 下り最大7.2Mbps/上り最大5.8Mbps
通信機能 HSPA/W-CDMA:1700MHz/2100MHz、GSM:900MHz/1800MHz/1900MHz
連続待受時間 約400時間
連続通話時間 約320分
内蔵カメラ 有効約500万画素CMOS
外部メモリ microSDHC対応(最大32Gバイト)
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約51×133×10.5ミリ(最厚部11.5ミリ)
重さ 約115グラム(バッテリーパックを含む)
カラー ブラック、ブラウン、ホワイト
Bluetooth 2.1+EDR
赤外線 ○(IrDA SIR)
テザリング ○(最大5台)

「A01HW」の主な仕様
製品名 A01HW
OS Android 2.3
CPU Samsung電子製S5PV210AA0(1GHz)
本体メモリ ROM 4Gバイト/RAM 512Mバイト
ディスプレイ 7インチXGA(1024×768ピクセル)
タッチパネル 静電容量方式タッチスクリーン
駆動時間 Wi-Fi連続通信時間:7時間、Wi-Fiオフ時:1700時間
内蔵カメラ メインカメラ:有効約300万画素/サブカメラ:130万画素
外部メモリ microSDHC対応(最大32Gバイト)
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約133×188×12.64ミリ
重さ 約500グラム
カラー ブラック
無線LAN規格 IEEE802.11b/g
Bluetooth Ver.2.1+EDR準拠(Class2)
バッテリー容量 4800mAh

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.