ニュース
» 2011年09月16日 15時17分 UPDATE

Eメール(〜@ezweb.ne.jp)が利用可能に:「Xperia acro IS11S」「HTC EVO WiMAX ISW11HT」のアップデート、9月20日から順次開始

auのスマートフォン「Xperia acro IS11S」と「HTC EVO WiMAX ISW11HT」のソフトウェアアップデートが開始される。アップデートにより、Eメール(〜@ezweb.ne.jp)やau one Marketなどの利用が可能になる。

[田中聡,ITmedia]

 KDDIは9月16日、「Xperia acro IS11S」と「HTC EVO WiMAX ISW11HT」のソフトウェアアップデートを実施することを発表した。Xperia acroは9月20日18時(PC利用時は9月21日0時から)、EVO WiMAXは9月22日10時から実施する。アップデートにより、Eメール(〜@ezweb.ne.jp)やau one Market、緊急地震速報などの利用が可能になる。また、EVO WiMAXはAndroid 2.3へアップデートする。

photophoto ソニー・エリクソン製「Xperia acro IS11S」(左)とHTC製「HTC EVO WiMAX ISW11HT」(右)

 それぞれのアップデート内容は以下のとおり。

Xperia acro IS11S

  • Eメール (〜@ezweb.ne.jp) への対応
  • au one Marketへの対応
  • auかんたん決済への対応
  • LISMO!への対応
  • au Wi-Fi SPOTへの対応
  • 緊急地震速報への対応

HTC EVO WiMAX ISW11HT

  • Eメール (〜@ezweb.ne.jp) への対応
  • Android 2.3へのアップデート
  • au one Marketへの対応
  • auかんたん決済への対応
  • au Wi-Fi SPOTへの対応
  • Cメール送信方法の改善

 Eメールは、9月20日18時から提供される「KDDI Eメール(〜@ezweb.ne.jp)」アプリから利用できるようになる。Xperia acroのLISMO PlayerはVer.2.0へ機能向上する。詳細は9月14日の発表を参照。

 EVO WiMAXのCメールでは、これまでいったんサーバに保存してから相手に送信する仕組みを採用していたので、他のau機種と比べて送信が完了するまでに時間がかかっていた。アップデート後は他のau機種と同じように、サーバに保存せずダイレクトにCメールを送信できるようになる。

 アップデートは3G/Wi-Fi/PC経由で行える。EVO WiMAXはWiMAX経由でも可能。アップデートの所要時間はXperia acroが約15分、EVO WiMAXが約30分。アップデートは端末内のデータを残したまま行えるが、データを保護できない場合があるので、バックアップを取った上でアップデートすることが望ましい。

 また、機種変更でXperia acroとEVO WiMAXを利用し、受信していないEメールがある、またはEメールの転送設定をしている場合、サーバに保存されているメールをすべて受信する。したがって未読メールが2000件を超えている場合、それ以降のメールを受信できないので、受信メールを削除してから新着メールの問い合わせなどをする必要がある。Eメールの初期設定は3G回線経由で行う必要があるが、9月22日0時〜8時はサーバメンテナンスのためEメールの初期設定ができない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.