ニュース
» 2011年09月16日 20時07分 UPDATE

JAL、国際線機内でのネット接続サービスを2012年夏に開始

JALは2012年夏から、日本と米国・ヨーロッパを結ぶ国際線の機内でネット接続サービスを提供する。客室内に無線LAN環境を構築し、ノートPCなどのWi-Fi機器でネット利用が可能になる。

[平賀洋一,ITmedia]

 日本航空(JAL)と米パナソニック アビオニクスは、2012年夏からJAL国際線でインターネット接続サービスを提供すると発表した。料金など詳細なサービス内容は、来春をめどに告知する。

photo 機内ネットサービスの概要

 飛行中のネット接続が可能になるのは、ボーイング777型機を利用する日米間または日本とヨーロッパをつなぐ便。機内に無線LAN環境を構築し、ノートPCやスマートフォンなどのWi-Fi対応機器からネット接続が可能になる。なお、スマートフォンの場合、機内で携帯電話網を使った通話は利用できないという。

 旅客機内からのネット接続にはパナソニック アビオニクスの「eXConnect」サービスが使われており、飛行中の機体から衛星回線を介して地上のプロバイダと接続する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.