ニュース
» 2011年09月26日 10時20分 UPDATE

7色展開、こだわりキーイルミの防水防塵フィーチャーフォン――「F001」

auの「F001」は、高速起動の13メガカメラを搭載したフィーチャーフォン。ボディカラーはアクリル絵の具ブランド「Liquitex」とのコラボによる7色から選べる。

[後藤祥子,ITmedia]

 auの「F001」(富士通東芝モバイルコミュニケーションズ製)は、防水・防塵機能を備える折りたたみ型のフィーチャーフォン。7色から選べるボディカラー、素早く起動する13メガカメラ、TwitterやFacebookへの投稿支援機能などが特徴だ。

Photo 7色展開の「F001」

 ボディカラーは、アクリル絵の具ブランド「Liquitex」とのコラボレーションによる7色で展開。ラズベリーレッド、スノーフレークホワイト、フレンチシェルピンク、ハニーゴールド、ブライトアクアマリン、オーシャンブルー、ピアノブラックから選べる。待受画面やダイヤルキーのイルミなどもボディカラーに合ったものを用意した。

Photo 待受画面はボディカラーに合ったものが用意される

 約0.5秒で素早く起動する1314万画素のカメラには、裏面照射型CMOSセンサーを採用。従来型のCMOSセンサーに比べて、暗い場所でも高感度ながらノイズの少ない写真を撮影できるようになった。広い範囲を照らせる広角フラッシュ(フォトライト)も搭載している。撮った写真を加工するためのエフェクト機能は、トイカメラやジオラマ風など11種を用意している。

 コミュニケーション機能も充実しており、撮った写真をすぐにTwitterやFacebookに投稿できる「ブログアップ」機能を装備。入力したテキストメールをワンタッチでデコレーションメールに変換できる「速デコ」や、圏外エリアで送信予約したメールをあとで自動送信する機能にも対応する。また、騒がしい場所で相手の声を聞きやすくする「はっきりボイス Basic」や、早口で聞き取りにくいときにゆっくり聞こえるようにする「ゆっくりボイス」も利用可能だ。

 IPX5/8相当の防水性能を備え、キッチンやバスルームなどの水回りでメールやWeb、ワンセグなどの機能を楽しめるのも特徴の1つ。さらに、ほこりっぽい場所でも使えるIP5X相当の防塵仕様にも対応している。

 なお、これまで富士通東芝モバイルコミュニケーションズ製の端末には「T」という型番が付いていたが、秋冬モデルから富士通ブランドを示す「F」に変更された。

「F001」の主な仕様
機種名 F001
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約50×111×14.2ミリ
重さ 約111グラム
連続通話時間 約220分
連続待受時間 約270時間
アウトカメラ 有効約1310万画素 裏面照射型CMOS(AF/手ブレ補正対応)
インカメラ
外部メモリ microSDHC(最大32Gバイト)
メインディスプレイ 約3.3インチフルワイドVGA(480×854ピクセル)TFT液晶
サブディスプレイ 約0.8インチ有機EL
ボディカラー ラズベリーレッド、スノーフレークホワイト、フレンチシェルピンク、ハニーゴールド、ブライトアクアマリン、オーシャンブルー、ピアノブラック
主な機能 LISMO、ワンセグ、EZ FeliCa、赤外線通信、Bluetooth、グローバルパスポートCDMA、WIN HIGH SPEED、microUSB ほか
発売日 10月下旬以降

※初出時に、機種名が誤って「T007」になっていました。お詫びして訂正いたします。(9/26 18:24)

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう