ニュース
» 2011年09月27日 21時23分 UPDATE

KDDI、「CEATEC JAPAN 2011」への出展内容を公表

KDDIが「CEATEC JAPAN 2011」への出展内容を発表した。auの最新スマートフォンや「新聴覚スマートフォン」などの新技術を応用した展示に加え、LTEの商用設備やEVDO Advanced、WiMAX 2など新しいサービスのデモも行う。

[エースラッシュ,ITmedia]

 KDDIは、10月4日に千葉・幕張メッセで開幕する「CEATEC JAPAN 2011」への出展と、展示を予定している内容を発表した。

 同社ブースでは、9月26日に発表したauスマートフォンの秋冬モデル「HTC EVO 3D ISW12HT」「MOTOROLA PHOTON ISW11M」「ARROWS Z ISW11F」「DIGNO ISW11K」「AQUOS PHONE IS13SH」「MEDIAS BR IS11N」「ビジネスタブレット -TOUGH- ETBW11AA」と、新サービスの「au one Friends Note」「au one Photo Air by Eye-Fi」などを出展。さらに、最新技術を応用した「新感覚スマートフォン」「新聴覚スマートフォン」や、視聴位置を自由に変更可能な「自由視点コンサート」、Androidを搭載したセットトップボックス(STB)なども展示する。

 通信ネットワーク関連では、LTE商用設備を利用したデモンストレーションや現在のau基地局の処理容量を拡大する「EVDO Advanced」、下り100Mbpsの高速通信を実現する「WiMAX 2」、KDDIネットワークを利用したプラグインHV(ハイブリッド)カーの充電スタンドとauスマートフォンを連携させた「充電スタンド×auスマートフォン×プラグインHV」などを展示する。

 このほか、3日目の10月6日には同社代表取締役執行役員専務の高橋誠氏が「オープンインターネット時代に向けたKDDIの3M戦略」と題した講演を行う。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.