ニュース
» 2011年09月28日 14時22分 UPDATE

「Windows Phone IS12T」のアップデート開始――タッチパネル操作などの不具合を解消

auの「Windows Phone IS12T」のソフトウェア更新が開始された。再起動やタッチパネル操作などの不具合が解消される。

[田中聡,ITmedia]
photo 「Windows Phone IS12T」

 KDDIは9月28日、「Windows Phone IS12T」の不具合を解消するソフトウェア更新を開始したことを発表した。9月28日から順次開始し、10月1日にすべてのIS12Tでアップデートが可能になる。ただし通信環境によって、更新プログラム公開の通知が届かない場合があるので、「設定」→「電話の更新」から随時確認しておきたい。

 アップデートにより解消される不具合は以下のとおり。

  • 音楽を長時間再生した場合にIS12Tが再起動する場合がある。
  • Marketplaceに「au apps」が表示されない場合がある。
  • タッチパネルが正しく操作できない場合がある。

 ソフトウェア更新はPCとIS12TをMicro USBケーブルで接続し、「Zune PCソフトウェア」を利用して行う。更新ファイルサイズは約100Mバイト。更新の所要時間は約10分。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう