ニュース
» 2011年09月29日 13時14分 UPDATE

下り最大76Mbpsの「SoftBank 4G」に対応したWi-Fiルーター「ULTRA WiFi 4G 101SI」

SII製の「ULTRA WiFi 4G 101SI」は、AXGPを採用したソフトバンクモバイルの新サービス「SoftBank 4G」に対応したモバイルWi-Fiルーター。対応エリアでは下り最大76Mbpsの高速通信が可能で、それ以外でも下り最大42Mbpsの「ULTRA SPEED」を利用できる。

[平賀洋一,ITmedia]

 セイコーインスツル製の「ULTRA WiFi 4G 101SI」は、ソフトバンクモバイルが開始する「SoftBank 4G」に対応したモバイルWi-Fiルーター。対応エリアでは、下り最大76Mbpsの高速通信が行える。

photo 「ULTRA WiFi 4G 101SI」

 SoftBank 4Gとは、ソフトバンクなどが出資して設立されたWireless City Planningの「AXGP(Advanced XGP)」技術を用いる高速通信サービス。同社は旧ウィルコムの「XGP」事業を引き継いでおり、WiMAXなどと同じ2.5GHz帯の周波数を使用する。101SIはAXGPのほかに、下り最大42Mbps/上り最大5.7Mbpsでの通信が可能なULTRA SPEED(DC-HSPA)にも対応しており、非AXPGエリアでは「ULTRA SPEED」を使ってモバイル通信が行える。

 同時接続できるWi-Fi機器は10台までで、マルチSSIDにも対応する。無線LANの暗号化方式はWEPのほか、WPA/WPA 2に対応。WPAによる簡単接続設定も行える。そのほか、MACアドレスフィルタリングやプライバシーセパレータも備えた。

 製品には容量2190mAhのバッテリー2個と専用充電器が付属。バッテリー1つで約5時間の連続通信が可能で、2つ使うことで約10時間の長時間駆動をサポートする。

photophoto

photophoto 左側面に電源ボタンなど操作部がある(左)。右側面にはMicro USB端子を用意する(右)

photophoto USBテザリングも行えるという(左)

「ULTRA WiFi 4G 101SI」の主な仕様
端末名 ULTRA WiFi 4G 101SI
メーカー セイコーインスツル
通信方式 WAN側:W-CDMA(DC-HSPA)、AXGP
LAN側:IEEE 802.11b/g/n
使用周波数 W-CDMA:1.5GHz帯、AXGP:2.5GHz帯
サイズ(幅×高さ×厚さ) 64×100×16.1ミリ
重さ 約105グラム
連続通信時間 約5時間
発売 2012年2月以降

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう