ニュース
» 2011年10月04日 12時55分 UPDATE

CEATEC JAPAN 2011:ドコモブースでXi対応スマートフォンを参考出展

CEATEC JAPANのドコモブースで、Xi対応スマートフォン4機種が参考出展されていた。製品名は明かされていないが、メーカー名は確認できた。

[田中聡,ITmedia]
photo Xiを大きくアピールするドコモブース。「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」や「ARROWS Tab LTE F-01D」の実機も展示している

 CEATEC JAPAN 2011のNTTドコモブースで、LTEサービス「Xi」対応のスマートフォン4機種が参考出展されていた。

 展示されているモデルのメーカーは富士通、LGエレクトロニクス、NECカシオモバイルコミュニケーションズ、Samsung電子。いずれもフルタッチ型のスマートフォンで、表面には「Xi」のロゴが付けられている。ガラス越しでの展示となっており、実機を手にすることはできなかった。スペックはもちろん製品名も明かされておらず、説明員は「近々公式発表されるのではないか」と話していた。

 ドコモの山田隆持社長は9月8日のXiタブレットの発表会で、Xi対応スマートフォンを2011年度冬春モデルで4機種投入することを明かしており、今回展示されていたモデルがそれら4機種とみて間違いないだろう。

photophoto 富士通製のXiスマートフォン。製品名には「ARROWS」が付くことが予想される
photophotophoto LGエレクトロニクス製のXiスマートフォン。物理キーは中央に1つあるのみ。上端部に電源キー、Micro USB端子、イヤフォンジャックがある(写真=右)
photophoto NECカシオモバイルコミュニケーションズ製のXiスマートフォン。今回もペットネームに「MEDIAS」が付くのだろうか
photophoto Samsung電子製のXiスマートフォン。8月に発表された「GALAXY S II LTE」がベースになっている可能性が高い
photophotophoto いずれの端末にも「Xi」のロゴが見られた(写真=左)。Xiスマートフォンで映像を再生するデモも実施している(写真=中、右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.