ニュース
» 2011年10月04日 17時50分 UPDATE

CEATEC JAPAN 2011:放射線量やアルコール臭、体脂肪を測れるジャケット――NTTドコモ

センサーをスマートフォンに内蔵するのではなく、外付けのジャケットを装着して計測する。ドコモの「着せ替えセンサジャケット」では、そんな取り組みが進められている。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモが同社ブースで、各種センサーを内蔵したスマートフォン向け「着せ替えセンサジャケット」を展示している。ジャケットは放射線センサー、UVチェッカー・口臭/アルコールチェッカー、体脂肪計を内蔵した3種類。いずれもスマートフォンにジャケットを装着し、専用のアプリを立ち上げることで計測できる。センサーを使った機能のニーズはユーザーによって異なるほか、端末に内蔵すると価格が上がることから、外付けのジャケットという形で開発した。

photophotophoto 左からUVチェッカー・口臭/アルコールチェッカー、放射線センサー、体脂肪計付きジャケット

 説明員によると、センサー付きジャケットの開発は2010年から進めていたが、放射線センサー付きジャケットについては、東日本大震災を受けて開発されたという。アプリを起動して測定を開始すると、1時間あたりの放射線量が表示される。単位はマイクロシーベルト(μSv/h)。「安定して計測できるまでには2〜3分かかる」(説明員)とのこと。測位した場所の現在地を取得し、地図上にアイコンで表示することも可能で、測った日時と場所を履歴から手軽に確認できる。計測したデータをSNSやメールで共有する機能も実装可能。ジャケットがやや大きいのが気になるが、「センサーが大きいほど安定して計測できる」ので、サイズ感と測定精度のバランスが難しそうだ。

photophoto 放射線センサー付きジャケットを装着した「MEDIAS WP N-06C」
photophotophoto 「スタート」ボタンを押して空気中の放射線を計測
photophotophoto 計測した場所を測位して地図上に記録できる(写真=左、中)。ジャケットはMicro USB端子から充電する(写真=右)

 UVチェッカーと口臭/アルコールチェッカーは1つのジャケットで利用できる。アプリを起動し、センサー部分に太陽光を当てると紫外線量、息を吹きかけるとアルコール臭や口臭のレベルを調べられる。デモで試したところ、計測のスピードは2〜3秒で速かった。

photophoto 女性向けということでピンク色のジャケットが採用されている。N-06Cを使用
photophoto 「UV」と記されたセンサーに光を当てると紫外線量が計測される
photophotophoto 中央下部のセンサー(4つの穴)に息を吹きかけると、アルコール臭を5段階で計測する

 体脂肪計付きジャケットには、販売されている大和製衡の製品を使っており、高い精度で計測できるという。ジャケットの側面に2つずつ電極を備えているのが特徴。年齢、身長、体重などのデータを入力して「測定開始」をタップ後、計4つのうち2つの電極に触れ続けていると、体脂肪率と筋肉率が表示される。測定結果をグラフなどで管理できるのは、スマートフォンならではだろう。

 データを測定して端末に送信するための通信にはFeliCa(iC通信)を利用している。したがって今回のジャケットを利用できるのはFeliCa対応スマートフォンに限られるが、Bluetoothや無線LANによる通信も可能。ただ、Bluetoothや無線LANは事前の設定が必要だが、iC通信は設定が不要なので、iC通信の方が利用時のハードルは低いといえる。

photophoto ジャケットの裏面(写真=左)。両サイドに2つずつ電極がある(写真=右)
photophoto こちらもN-06Cをデモに使用。身長や体重などの情報を入力して計測開始後、電極を押すと結果が現れる
photophoto 計測結果のグラフ表示も可能
photophoto ジャケット装着後に利用できるアプリ(写真=左)。着せ替えセンサジャケットの詳細(写真=右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.