ニュース
» 2011年10月07日 13時10分 UPDATE

iPad 2が安くなる“リンゴ割”も:ソフトバンクもiPhone 4Sの予約受付を7日16時から開始 料金プランに変更なし

ソフトバンクモバイルは10月7日、iPhone 4Sの予約を7日16時から受け付けると発表した。価格は16Gバイト版が実質0円、32Gバイト版が実質1万1520円、64Gバイト版が実質2万1120円。

[園部修,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルが10月7日、「iPhone 4S」の価格や料金プラン、新キャンペーンを発表した。

 端末価格はソフトバンクオンラインショップで新規契約をした場合で16Gバイト版が実質0円、32Gバイト版が実質1万1520円(24回払いの場合月々480円)、64Gバイト版が実質2万1120円(24回払いの場合月々880円)。またiPhone 4の8Gバイト版も実質0円で販売する。

 基本使用料には月額980円のホワイトプラン(i)が適用され、国内通話料は1〜21時がソフトバンク携帯同士が無料(ホワイト家族24は時間制限なく無料)、それ以外は30秒あたり21円。SMS送信料はソフトバンク携帯同士は無料、他社携帯あてが1通あたり3.15円。海外あてが1通あたり100円。パケット定額サービスには月額4410円の「パケットし放題フラット」が適用される。ソフトバンクWi-Fiスポットは2年間無料で利用できる。

 端末価格と上記の料金はいずれも、「バリュープログラム(i)」を利用した場合のもの。

 また、iPhone 4Sは緊急地震速報に対応していることも明らかになった。2012年2月に提供予定の「災害・避難情報」には対応していない。

PhotoPhoto iPhone 4Sは発売日からBlackとWhiteのどちらかが選べる。容量は16Gバイト、32Gバイト、64Gバイト

 さらに11月30日までにiPhoneを購入すると利用できる、「アレ コレ ソレ キャンペーン」と「実質無償機種変更キャンペーン」も実施する。

 アレ コレ ソレ キャンペーンでは、iPhoneの新規加入、もしくは機種変更と同時に3G版のiPad 2を購入すると、月に100Mバイト以内の通信なら通信料が月額0円で利用できる「(iPad専用)ゼロから定額プラン」に加入可能になる。契約事務手数料、ユニバーサルサービス料も無料。すでにiPhoneを持っているユーザーもキャンペーンの対象になる。月々のデータ通信量が100Mバイトを超えると、ウェブ基本使用料として315円/月と、パケット通信料が0円から4980円(100Mバイトまで無料、以降1パケットあたり0.0525円)かかる。孫正義社長はこれを「リンゴを1個買ったらもう1個のリンゴがタダ。3G版がWi-Fi版より安くなる。リンゴ割りみたいなもの」称した。

 実質無償機種変更キャンペーンは、iPhone 3G/3GSを利用中のユーザーがiPhone 4/4Sに機種変更した場合に、残っている分割支払金と同等の金額を毎月の基本使用料、通信量などから値引きするもの。ホワイトプラン(i)と新スーパーボーナス用販売価格で機種変更することが条件となる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.