ニュース
» 2011年10月11日 16時26分 UPDATE

「ISW11HT」「ISW12HT」、ソフトウェア更新でアプリインストール時の安全性を強化

auのHTC製スマートフォン2機種のソフトウェア更新が開始された。アップデートにより、アプリなどをインストールする際のセキュリティが強化される。

[田中聡,ITmedia]

 KDDIは10月7日、「HTC EVO WiMAX ISW11HT」と「HTC EVO 3D ISW12HT」のソフトウェア更新を開始した。

photophoto 「HTC EVO WiMAX ISW11HT」(左)と「HTC EVO 3D ISW12HT」(右)

 今回のアップデートは、海外で判明したHTC製Android端末の脆弱性を解消するもの。悪質なアプリをインストールすると、端末内部の個人情報にアクセスされる恐れが指摘されていたが、HTCは同問題を修正するためのパッチを開発していることを10月4日に発表していた。アップデートにより、悪意あるアプリケーションなどをインストールした際のセキュリティが強化される。KDDI広報部によると、今回のアップデートは予防策の一環であり、ISW11HT/ISW12HTユーザーに実際の被害は出ていないとのこと。

 アップデートはWiMAX回線、無線LAN回線、3G回線から行える。自動更新は「設定」→「この携帯電話について」→「ソフトウェアアップデート」→「定期的なチェック」から。手動更新は「設定」→「この携帯電話について」→「ソフトウェアアップデート」→「今すぐチェック」から。WiMAXと3G回線でアップデートする場合は通信料が発生する。アップデートの所要時間は約30分。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.