レビュー
» 2011年10月12日 21時40分 UPDATE

写真で解説する「DIGNO ISW11K」 (2/2)

[青山祐介,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 メインカメラは有効画素数約808万画素のCMOSセンサーを用い、顔認識対応の手ブレ補正付きのオートフォーカスにも対応した。1280×720ピクセルのHDムービーも撮影可能だ。カメラアプリとしてはアートフィルターがかけられる「フィルターカメラ」、いわゆる美顔撮影ができる「フェイススタジオ」といったもののほかに、撮影した画像からオリジナルのデコレーション絵文字を作成できる「とるデコ」といったアプリも搭載している。

photo 撮影した画像を鉛筆画のように変換する「フィルターカメラ」の「線画風」。このほか「ミニチュアカメラ」「一眼レフカメラ風」などのフィルター効果がある

photophoto 撮影した画像からオリジナルのデコレーション絵文字が作れる「とるデコ」。ミニカーを撮影してクルマのアイコンとしたところ

photophoto 撮影した画像の管理は京セラ独自のファイルマネージャーをプリインストール。上部のタブの切り替えで、写真や動画をはじめさまざまなファイルの種類ごとに切り替えながら見ることができる

 そのほかにも実用性を重視し特徴が見られる。例えば、スマートフォンの課題と言えば電池寿命が厳しい点。バッテリー残量が少なくなってくるとあとどのくらい使えるのかが気になるが、ISW11Kはそんな残り使用時間の目安を見ながら省電力設定ができる「省電力ナビ」を備えている。

 また、アプリケーションの管理画面からは、CPUの使用量を見ながら直接各アプリを終了させることも可能だ。意外とニーズの高いスリープ時に電話やメールの着信が分かるランプを装備している。こうしたユーザー視点の機能は、これまでも実用性の高いケータイを作ってきた京セラならではのものといえるだろう。

photophotophoto バッテリーライフを簡単に管理できる「省電力ナビ」を搭載。「省電力モード」や「カスタム省電力」に設定した時に、どのくらい使用可能時間が延びるかが一目で分かるようになっている

photophoto スリープモード中に不在着信やメール着信を知らせてくれるお知らせLEDをインカメラ脇に装備。7色の点灯色やパターンを選ぶことができる

 このほかDIGNO ISW11Kはauのキャリアメール(〜@ezweb.ne.jp)とCメールに対応するほか、グローバルパスポートCDMAに加えて、グローバルパスポートGSMも利用可能だ。防水性能は、最近の防水モデルと同じようにIPX5/IPX7等級に準拠した。メモリはRAMが1Gバイト、ROMが4Gバイトで、auが公表しているスペックによるとデータフォルダ容量は約2Gバイト。発売は12月上旬以降を予定している。

前のページへ 1|2       

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-