ニュース
» 2011年10月14日 21時43分 UPDATE

アップルストア銀座の「iPhone 4S」当日販売 800人超が列

Appleの「iPhone 4S」の販売が世界で最も早く始まった10月14日午前8時、アップルストア銀座には800人を超える人々が列を成した。途中受付に関するトラブルもあり、辺りが暗くなるまで行列は続いた。

[園部修,ITmedia]
Photo 朝日を浴びるアップルストア銀座

 Appleが10月5日に発表した「iPhone 4S」が、10月14日に発売された。日本は時差の関係で世界で最も早く販売が始まることもあり、アップルストアやキャリアショップ、大手量販店は通常より開店時間を繰り上げ、午前8時から販売を開始した。

 東京・銀座のアップルストア銀座では、事前予約を受け付けていなかったこともあり、iPhone 4Sを求めて多くの人が列を成した。午前8時の開店直前の時点で800人強が並んでいたようで、銀座3丁目のアップルストアの前から、中央通り沿いに銀座通り口の交差点を越え、東京高速の立体交差の先まで人の列が続いていた。

PhotoPhotoPhoto アップルストア銀座の行列は、中央通りを延々と東京高速の立体交差したまで続いていた。夜間はキャンプ用の折りたたみチェアに座っていた人も多かったため、列は京橋駅近くまであった
PhotoPhotoPhoto 店頭にはテレビのクルーを含め多数の報道陣が集結。開店前のスタッフミーティング後、「Yes, we can!」連呼
PhotoPhoto アップルストアのスタッフにとっても、発売日はお祭。随所で盛り上がり記念撮影をしている
PhotoPhoto 前日までiPad 2の巨大スマートカバーだった店頭のディスプレイは、iPhone 4SとiCloudのイメージに模様替え

 8時前になると、アップルストア銀座のスタッフがミネラルウォーターやコーヒーの配布を開始。また列に並んでいる人に、希望するiPhone 4Sのキャリア、色、容量を聞き、整理券を渡し始めた。販売開始時刻のタイミングではまだ整理券は大量に残っていたので、相当数の在庫があったと思われる。

 そして8時。銀座和光の鐘が鳴り響く中カウントダウンが始まり、「ゼロ!」の声とともに先頭の人が店内へ。恒例のハイタッチで次々と並んでいた人たちが迎えられた。

PhotoPhotoPhoto ハイタッチで迎えられる人々。先頭集団にはAppBankさんやアプリソムリエの石井寛子さんの姿も

 その後、通常なら30分程度で契約を終えた人が出てくるはずだったが、システムトラブルによりソフトバンクモバイルの契約手続きができず、KDDI版を希望していた人が先に店を出ることに。開店から1時間ほど経った9時過ぎ、幸運にもアップルストア銀座で最初にiPhone 4Sを手にした女性は、残念ながら取材不可とのことで、2人目の男性が晴れてカメラの砲列の前で笑顔を見せた。ちなみに購入したのはKDDI版のiPhone 4S 16Gバイト版のBlackだったようだ。

PhotoPhoto 開店から1時間後、ようやく最初のiPhone 4S購入者が店を出た。残念ながら1人目の女性は取材NGということで、2人目の男性が手に入れたばかりのiPhone 4Sを手に笑顔を見せた
Photo 毎年、発売日の行列にはユニークな衣装や仮装の人が少なからずいる。今年はスティーブ・ジョブズ氏(?)らしき人物も

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.