ニュース
» 2011年10月18日 13時07分 UPDATE

withシリーズ:映像エンタメ機能を強化、指紋センサーも搭載――「REGZA Phone T-01D」

ドコモのREGZA Phoneがさらに進化して登場。「REGZA Phone T-01D」は最新のモバイルレグザエンジン5.0やデュアルコアCPUを搭載し、マルチメディアコンテンツを快適に閲覧できる。富士通ケータイでおなじみの指紋センサーも搭載した。

[田中聡,ITmedia]

 富士通製スマートフォン「REGZA Phone T-01D」は、映像機能に注力したドコモのREGZA Phone第2弾モデル。前モデル「REGZA Phone T-01C」から約1年ぶりに発売するモデルとあって、大幅な機能向上を果たしている。

photophoto 富士通東芝製の「REGZA Phone T-01D」。ボディカラーはDark Green、Bordeaux、Blackの3色

 東芝の薄型液晶テレビ「REGZA」の高画質化技術をベースにしたモバイル端末向けの画質処理エンジン「モバイルレグザエンジン」は、最新の“5.0”にバージョンアップ。YouTubeやワンセグはもちろん、720pのHD動画もハイクオリティな画質で視聴できる。REGZAで視聴の番組やBlu-ray Discレコーダーで録画した番組などをスマートフォンに持ち出せる「レグザリンク・シェア」もサポートするほか、DLNAとDTCI-IPも利用でき、さまざまなシチュエーションで映像コンテンツを楽しめる。

 HD表示(720×1280ピクセル)可能な4.3インチ液晶を備えているので、写真やブラウザなどをより精細に表示できる。高音質なサウンドを楽しめるエンジン「Dolby Mobile v3」も搭載する。プロセッサは1.2GHz駆動のデュアルコアCPU搭載の「OMAP4430」で、ブラウザや動画などをサクサク快適に閲覧できる。

 1310万画素カメラには裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R for mobile」を採用しており、薄暗い場所でも明るく撮影できる。画像処理エンジン「Milbeaut Mobile」により、高速な画像処理を実現する。「アートカメラ」や「ぼかし強調」など楽しく撮影できる機能も充実させた。動画は最大でフルHDサイズ(1920×1080ピクセル)の撮影が可能だ。

 富士通ケータイではおなじみの指紋センサーを搭載しているのも特筆すべきポイント。センサーはアウトカメラ近くにあるので、片手で持ちながら人差し指で認証できる。Android端末のロックはパスワードか指パターンだったが、指紋認証を活用すれば、画面ロックの設定や解除などの際に、スムーズにロックのオン/オフができて便利だ。

「REGZA Phone T-01D」の主な仕様
機種名 REGZA Phone T-01D
OS Android 2.3
CPU OMAP4430(1.2GHzデュアルコアCPU)
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約64×129×8.8ミリ
重さ 約129グラム
連続通話時間 W-CDMA:約330分、GSM:約380分
連続待受時間 W-CDMA:約430時間、GSM:約270時間
アウトカメラ 有効約1310万画素CMOS(AF対応)
インカメラ 有効約32万画素CMOS
外部メモリ microSDHC(最大32Gバイト)
ディスプレイ 約4.3インチHD(720×1280ピクセル)TFT液晶 1677万色
ボディカラー Dark Green、Bordeaux、Black
主な機能 dマーケット、防水、無線LAN、テザリング、spモード、エリアメール、WORLD WING(3G+GSM)、DLNA(DTCP-IP)、HSDPA/HSUPA(7.2Mbps/5.7Mbps)、おサイフケータイ、GPS、ワンセグ、Bluetooth(2.1+EDR)、赤外線通信、miniUIM(microSIM)eトリセツ ほか
発売時期 11月予定

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.