ニュース
» 2011年10月24日 14時08分 UPDATE

ドコモ、「GALAXY Tab 10.1」のソフト更新を開始 インカメラの不具合を改善

ドコモは、Samsung電子製タブレット「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」のソフトウェアアップデートを開始した。インカメラの映像が反転して表示される不具合を解消する。

[平賀洋一,ITmedia]

 NTTドコモは10月24日、Samsung電子製のAndroidタブレット「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」のソフトウェアアップデートを開始した。ソフトを更新することで、インカメラの画像が反転する不具合を改善する。

 アップデートは、タブレット本体からパケット通信を介して行なう方法と、PCに接続して行なう方法の2種類。本体のみで行なう場合、メーカーサポート用の「Samsungアカウント」が別途必要になる。また、PCを経由する場合は、専用ソフトの「Samsung Kies」のインストールが必要。アップデートの所要時間は、本体のみ(パケット通信)で約8分、PC経由では約20分となっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.