ニュース
» 2011年10月26日 23時38分 UPDATE

ソニエリ、充電も可能なXperia PLAY専用「マルチメディアドック DK300」を発売

ソニー・エリクソンが、Xperia PLAY専用の「マルチメディアドック DK300」を発売。Xperia PLAY本体を充電できるほか、時計としても使用できる。付属のオーディオケーブルを利用してスピーカーとつなげれば、音楽や映像も視聴できる。

[エースラッシュ,ITmedia]
Photo 「マルチメディアドック DK300」

 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズが10月26日、Xperia PLAY専用の「マルチメディアドック DK300」を発表。Sony Ericsson Storeで販売している。

 マルチメディアドック DK300にはMicro USB接続端子を搭載しており、Xperia PLAY本体をセットするだけで充電ができる。セットすると自動的に時計アプリケーションが立ち上がって自立型の時計としても使えるほか、付属のオーディオケーブルをスピーカーにつなげると、音楽や映像を視聴できる。サイズは128.0(幅)×27.0(高さ)×53.0(厚さ)ミリで、価格は2480円。

 あわせて、Xperia PLAY購入者を対象とした「Xperia PLAY アクセサリーキャンペーン」も実施。Xperia PLAYから「Sony Ericsson Store」にアクセスすると、マルチメディアドック DK300と「バッテリーチャージャーケース EP900」が特別価格でセット購入できるというもの。期間は10月26日から11月25日まで。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.