ニュース
» 2011年10月27日 20時46分 UPDATE

App Town ナビゲーション:カヤック、後で行きたい場所を思い出すためのロケーションリマインダー「Will go later」

カヤックは、後で行きたいと思ったスポットを思い出すためのサポートサービス「Will go later」をリリースした。iPhoneアプリのほか、PCサイトからも利用できる。

[エースラッシュ,ITmedia]
Photo 「Will go later」の画面イメージ

 カヤックは10月27日、ソーシャルロケーションリマインダーサービス「Will go later」をリリースした。iPhoneアプリとPCサイトから無料で利用できる。

 Will go laterはあらかじめ行きたいスポットを登録することで、思い出したい時に探しやすくするサービス。スポットはマイリストに登録でき、現在地や指定した場所から近い順にソートして表示してくれる。

 FacebookやTwitterと連動してスポットを共有することができるほか、スポットに近づいたときにアラームを設定することも可能。設定範囲は半径500メートルから半径2キロメートルまで。

 PCブラウザでは、専用のブックマークレットを設置することによりスポット登録が1クリックで可能。「+あとで行く」ボタンを行きたい場所のウェブサイト上で押すと、店名や住所などを自動検出してフォームに入力する機能がついている。スポット登録画面では周辺のランドマークがあらかじめ表示されているほか、見つからない場合は検索して登録することもできる。

Photo あらかじめスポットを登録しておく「マイリスト」の画面イメージ

photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.