ニュース
» 2011年11月09日 15時18分 UPDATE

ドコモ、富士通製iモードケータイ3機種のソフト更新を開始

NTTドコモは、富士通製のiモード端末「F-06」「F-07B」「F-08B」のソフトウェアアップデートを開始した。待受画面が正しく表示されない不具合などを解消する。

[平賀洋一,ITmedia]

 NTTドコモは11月9日、富士通製のiモードケータイ「F-06B」「F-07B」「F-08B」のソフトウェアアップデートを開始した。ソフトの更新により、次の不具合を解消する。

  • F-06B:カメラを起動し、本体の画面を消灯後、まれに画面が点灯する場合がある
  • F-07BとF-08B:特定条件下で本体の電源ボタンを押しても、まれに待受画面が正常に表示されない場合がある。

 更新用ソフトは自動でダウンロードされ、あらかじめ設定した時間(デフォルトは午前3時)に書き換えが行われる。またメニュー画面から操作しての手動更新も行える。ソフト更新の所要時間は、F-06Bが約7分、F-07Bは約14分、F-08Bでは約12分。

初出時、F-06Bのソフト更新所要時間を約17分と記載しましたが、正しくは7分です。お詫びして訂正いたします。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう