ニュース
» 2011年11月11日 23時26分 UPDATE

バード電子、乾電池でスマートフォンを充電できる外部電源を発売

バード電子から、スマートフォンを単三形乾電池4本で充電できる外部電源が登場した。エネループやエボルタはもちろん、アルカリ電池やマンガン電池での利用できる。

[エースラッシュ,ITmedia]
Photo 「MHC-5V」

 バード電子は、スマートフォンなどの外部バッテリーとして利用できる乾電池式の外部電源「MHC-5V」を発売した。販売価格は8900円。

 MHC-5Vは単三形乾電池4本を利用して、スマートフォンなどを充電できるデバイス。電池はマンガン電池、アルカリ電池、ニッケル水素電池をはじめ、オキシライド乾電池やエボルタ、エネループも利用できる。入力範囲の広いDC/DCコンバーターを採用しており、さまざま乾電池の利用をサポートするという。出力電圧は5Vで最大電流は1000mA。パナソニック製のアルカリ乾電池の場合、バッテリー残量ゼロのiPhone 4Sを満充電の約75%まで充電できる。ただし、利用する乾電池の電圧が合計4Vまで減っている場合は動作しない。

 本体は放熱性の高いアルミニウムケースで、サイズは65(幅)×100(高さ)×25(厚さ)ミリ、重量90グラム。シリーズ製品である「HC-5V」と比較して、約60%小型化されているという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう