ニュース
» 2011年11月25日 15時47分 UPDATE

4.5インチHD液晶搭載の防水スマートフォン「AQUOS PHONE SH-01D」、12月2日発売

ドコモのwithシリーズに属する冬モデル「AQUOS PHONE SH-01D」が12月2日に発売される。4.5インチHD液晶やデュアルコアCPU、光学手ブレ補正付きカメラなど、高いスペックが特長だ。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモは11月25日、シャープ製のAndroidスマートフォン「AQUOS PHONE SH-01D」を12月2日に発売することを発表した。

photophoto シャープ製の「AQUOS PHONE SH-01D」

 SH-01DはHD表示(720×1280ピクセル)が可能な4.5インチ液晶を搭載しており、写真や映像を高画質で視聴できるほか、文字も鮮明に表示できる。液晶テレビ「AQUOS」で培った高画質処理技術を使った高画質エンジンを採用。屋外でも画面を見やすくする「アウトドアビュー」、のぞき見を防止する「カラーベールビュー」も搭載し、視認性と使い勝手の高さにこだわった。3D表示にも対応する。チップセットは「OMAP4430」で、1GHzのデュアルコアCPUを装備。複数のアプリを起動するマルチタスクや、写真や動画の閲覧時などに高いパフォーマンスを発揮する。省エネ機能にもこだわり、シャープ独自の「エコ技」を搭載。「通常」「技あり」「お助け」の3つのモードを使って効率よく消費電力を節約できる。

 カメラは「AQUOS PHONE SH-12C」の2眼から1眼に変更されたが、光学手ブレ補正対応の1210万画素CMOSカメラを搭載。CMOSセンサーは裏面照射型なので、薄暗い場所でも明るく撮影できる。さらに光学手ブレ補正にも対応しており、ブレを押さえた写真と動画を撮れる。動画はフルHDサイズ(1920×1080ピクセル)の撮影が可能。AQUOSやAQUOSブルーレイと連携してコンテンツを共有できるスマートファミリンク、IPX5/IPX7の防水性能、テザリングにも対応。通信速度は下り最大14Mbps/上り最大5.7Mbpsで、Xiには対応しない。

「AQUOS PHONE SH-01D」の主な仕様
機種名 AQUOS PHONE SH-01D
OS Android 2.3
CPU OMAP4430 1GHz(デュアルコア)
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約65×128×9.7ミリ
重さ 約138グラム
連続通話時間 W-CDMA:約290分、GSM:約450分
連続待受時間 W-CDMA:約420時間、GSM:約260時間
アウトカメラ 有効約1210万画素CMOS(AF対応)
インカメラ 有効約32万画素CMOS
外部メモリ microSDHC(最大32Gバイト)
ディスプレイ 約4.5インチHD(720×1280ピクセル)NewモバイルASV液晶 1677万色
ボディカラー BLACK、BLUE、WHITE
主な機能 dマーケット、防水(IPX5/IPX7)、無線LAN、テザリング、spモード、エリアメール、WORLD WING(3G+GSM)、DLNA(DCTP-IP)、HSDPA/HSUPA(14Mbps/5.7Mbps)、おサイフケータイ、GPS、ワンセグ、Bluetooth(3.0+EDR)、赤外線通信、miniUIM(microSIM)、eトリセツ ほか

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう