ニュース
» 2011年11月30日 16時04分 UPDATE

ドコモ、健康管理コンテンツ「docomo Healthcare」を12月から提供

ドコモは、ユーザーの健康管理や病気予防のサポートを行うdocomo Healthcare」(ドコモ ヘルスケア)を12月から開始する。ドコモのスマートフォンとiモードケータイのほか、他キャリアの端末からも利用できる。

[平賀洋一,ITmedia]

 NTTドコモは、ユーザーの健康管理や病気予防のサポートを行う「docomo Healthcare」(ドコモ ヘルスケア)を、12月1日に開始する。主にドコモスマートフォンのユーザーを対象に健康管理系のコンテンツを提供するが、iモードケータイでも利用できる。また、他キャリアの携帯電話やスマートフォンからもアクセスできる。

photo ドコモ ヘルスケアのロゴ

 基本コンテンツとして以下の4つが用意され、無料で利用できる。

  1. セルフチェック:簡単な質問に回答するだけで、メタボリックシンドローム危険度や月経トラブル、体のむくみ、不眠度、胃腸のトラブル度などの健康状態(40種類)をユーザー自身でチェックできる
  2. マイカルテ:からだ情報(体重・血圧など)や生活習慣(飲酒量・睡眠時間・運動量など)、またユーザー自身でチェックしたセルフチェックの結果や健康診断結果を記録・管理できる
  3. お薬手帳:処方された薬の服用歴が記録できる
  4. 情報検索:気になる病気の症状や近隣の病院情報、薬の効用・副作用が検索できる
photo ドコモ ヘルスケアの基本コンテンツ

 このほか、追加コンテンツとして、ダイエット支援プログラム「巻くだけダイエットMOBILE」(月額210円)と、子供の予防接種を管理するサポートプログラム「予防接種スケジューラーアプリ」(Android端末向け、無料)を提供。これらの追加コンテンツは健康・医療分野のパートナーと連携して、随時ラインアップが追加されるという。有料コンテンツの決済にはクレジットカードを用いる。

photo 「巻くだけダイエット MOBILE」

photo 「予防スケジューラーアプリ」

 アクセスは、

  • iモードケータイの場合:iMenu→メニューリスト→ドコモ ヘルスケア
  • ドコモのスマートフォン:dメニュー→サービス一覧→ドコモ ヘルスケア
  • 他社の携帯電話:http://docomo-healthcare.jp/に直接アクセス

 から。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.