ニュース
» 2011年12月02日 15時50分 UPDATE

Wireless City Planning、「XGP」を2012年1月に終了――今後はAXGPに注力

Wireless City Planningは、2.5GHz帯を利用する高速通信サービス「XGP」を2012年1月末に終了すると発表した。今後はTD-LTEを採用したAXGPに注力し、既存ユーザーにはモニターサービスを提供する。

[平賀洋一,ITmedia]
photo XGPのPCカード型端末。上がネットインデックス製「GX000IN」、下がNECインフロンティア製の「GX000N」

 ソフトバンク傘下のWireless City Planning(WCP)は、ウィルコムから引き継いだXGP方式のデータ通信サービスを2012年1月31日に終了すると発表した。

 既存ユーザーが希望する場合には、後継のAXGP(Advanced eXtended Global Platform)方式によるデータ通信をモニターサービスとして提供する。

 XGPは、ウィルコムが“次世代PHS”(WILLCOM CORE XGP)として開発した高速通信技術。既存のPHS技術を基に、OFDMAやアダプティブアレイアンテナ、MIMOなどWiMAXでも使われている通信技術を採用し、上り/下りとも最大20Mbpsのパケット通信を可能とした。2007年12月に、WiMAXとともに2.5GHz帯を利用する広帯域移動無線システムの業務免許を取得。現行PHSのマイクロセルネットワークを活用して短期間かつ低コストでエリア構築ができるとしていたが、設備投資への負担が重くのしかかり、事業再生ADR申請と同時に一般向けサービスを開始するという波乱の船出だった。

 事業再生ADRによる再建が果たせなかったウィルコムは、2010年2月に経営破綻。ソフトバンクがスポンサーとなって、XGP事業とPHS事業を分割する再建計画が立てられた。XGP事業と2.5GHz帯の免許はソフトバンクと再生ファンドのアドバンテッジパートナーズが出資するWCPが継承し、TD-LTEと高い互換性を持つAXGP(XGP 2.0)の事業化が進められている。

photo XPG開業時のエリア

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.