ニュース
» 2011年12月02日 16時18分 UPDATE

ユニバーサル料、2012年1月から月額5.25円に値下げ

携帯電話・PHSのキャリア各社は、2012年1月以降のユニバーサル料金を、現状の月額7.35円から5.25円に値下げすると発表した。

[平賀洋一,ITmedia]

 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、イー・アクセス、ウィルコムは12月2日、2012年2月請求分(2011年1月利用分)からの「ユニバーサルサービス料」を、現行の月額7.35円から5.25円に変更すると発表した。ソフトバンクモバイルのプリペイド端末では、料金をリチャージするごとに16円を徴収発生する。

 ユニバーサルサービス料金制度は、NTT東日本・NTT西日本の加入電話や公衆電話の保守、緊急通報の提供を確保するために必要な費用を、通信事業者全体が電話番号数に応じて負担するもの。ユーザーごとの負担料金は通信事業者らで構成する電気通信事業者協会(TCA)が半年ごとに見直し、総務省の認可を経て改定を行っている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.