ニュース
» 2011年12月05日 11時00分 UPDATE

1月上旬以降に発売:KDDI、厚さ6.7ミリの防水スマートフォン「ARROWS ES IS12F」を発表

auのAndroid搭載スマートフォン冬モデルに新機種が追加された。富士通東芝製の「ARROWS ES IS12F」は厚さ6.9ミリというスリムなボディが特長。強度の強いCorning Gorilla Glassや耐摩耗性に優れた塗装も採用した。

[田中聡,ITmedia]

 KDDIが12月5日、富士通東芝モバイルコミュニケーションズ製のAndroidスマートフォン「ARROWS ES IS12F」を発表。1月上旬以降に発売する。OSはAndroid 2.3。ボディカラーはルビーレッドとグロスブラックの2色。

photophoto 富士通東芝モバイルコミュニケーションズ製の「ARROWS ES IS12F」。カラーはルビーレッド(左)とグロスブラック(右)

 ARROWS ESは、厚さわずか6.7ミリのスリムなボディが特長の防水スマートフォン。重さは約105グラムという軽量ボディも実現している。ディスプレイにはワイドVGA表示(480×800ピクセル)対応の約4.0インチ有機ELを搭載したほか、高強度と高剛性をあわせ持つ「Corning Gorilla Glass」を採用し、薄さ強度を両立させた。さらに、耐摩耗性に優れた「ウルトラタフガード」塗装も採用した。画質にもこだわり、有機EL用にチューニングした富士通独自の高画質化エンジンを搭載。写真や動画を高画質で楽しめる。

 チップセットには、1.4GHz駆動のCPUを搭載したMSM8655を採用。バッテリー容量は1400mAh。富士通が独自に開発した「サクサクタッチパネル」により、ストレスのない高速なタッチ操作が可能。富士通端末ではおなじみの、快適な音声通話をサポートする「スーパーはっきりボイス3」も搭載している。ワンセグ、赤外線通信、おサイフケータイ、グローバルパスポート(CDMA+GSM)も利用できる。通信サービスについてはWIN HIGH SPEEDに対応し、下り最大9.2Mbps/上り最大5.5Mbpsの通信が可能だ。WiMAXは搭載していない。

 なお、12月6日から、KDDIデザイニングスタジオ(東京・原宿)、au NOGOYA(愛知・名古屋)にて、ARROWS ESを展示する。

photophoto

「ARROWS ES IS12F」の主な仕様
機種名 ARROWS ES IS12F
OS Android 2.3
CPU Qualcomm MSM8655(1.4GHz)
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約64×127×6.7ミリ
重さ 約105グラム
連続通話時間 約400分
連続待受時間 約330時間
メインカメラ 有効約511万画素CMOS(AF/手ブレ補正付き)
外部メモリ microSDHC(最大32Gバイト)
ディスプレイ 約4.0インチ ワイドVGA(480×800ピクセル)有機EL
ボディカラー ルビーレッド、グロスブラック
無線LAN IEEE802.11b/g/n
Bluetooth 2.1+EDR
外部インタフェース microUSB
主なサービス・機能 防水、おサイフケータイ、Eメール(〜@ezweb.ne.jp)、Cメール、デコレーションメール、緊急地震速報、赤外線通信、ワンセグ、グローバルパスポート(CDMA+GSM)、GPS、WIN HIGH SPEED ほか
発売日 1月上旬以降

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.