ニュース
» 2011年12月06日 14時42分 UPDATE

ドコモ、「P-01D」「L-09C」のソフトウェア更新を開始

パナソニック モバイル製のスマートフォン「P-01D」と、LG製のモバイルWi-Fiルーター「L-09C」の不具合を解消するソフトウェア更新が開始された。

[田中聡,ITmedia]
photo 「P-01D」と「L-09C」

 NTTドコモが12月6日、パナソニック モバイルコミュニケーションズ製のスマートフォン「P-01D」と、LGエレクトロニクス製のXiモバイルWi-Fiルーター「L-09C」の不具合を解消するソフトウェア更新を開始した。

 ソフトウェア更新により改善される不具合は以下のとおり。

P-01D

  • VPN接続をしようとした場合、VPN接続ができない場合がある。
  • spモードメール利用時に、メール作成画面での絵文字選択表示を修正する。

L-09C

  • 電源起動時に、まれにドコモUIMカードを認識しない場合がある。

 P-01Dの新しいソフトウェアは自動でダウンロードされ、あらかじめ設定した時間(初期状態は午前2時〜4時)に書き換えられる。また、「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア更新」から手動での更新も可能。更新の所要時間は約16分。

 L-09CではPCを利用して新しいソフトウェアに更新する。更新をするにはWindows PCで「LGMobile Support Tool」をインストールする必要がある。更新の所要時間は約10分。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう