コラム
» 2011年12月12日 21時46分 UPDATE

ふぉーんなハナシ:そろそろ始まるWiMAXの高速化――“上り15.4Mbps”に対応するスマホ、しないスマホ

WiMAXの通信速度といえば下り最大40Mbps/上り最大10Mbpsだが、UQは上り速度を12月中に最大15.4Mbpsへと向上させる。3GとWiMAXを1台で利用できるauのWiMAX対応端末は、これに対応しているのだろうか?

[平賀洋一,ITmedia]

 UQコミュニケーションズは2011年12月中に、通信サービス「WiMAX」の上り速度を最大15.4Mbpsに高速化すると発表した。上り通信にも64QAMを採用することで、50%近いスピードアップを図る。

 上り速度の向上はUQだけでなく、MVNOでWiMAXを提供する各社も含まれている。もちろん、UQの親会社、KDDIが提供する「+WiMAX」もその対象だ。+WiMAXはauの3G(CDMA)とWiMAXに対応するスマートフォン向けのサービスで、3G通信の料金(基本料金+パケット定額料)に525円を追加すると、WiMAX通信が使い放題になるもの。WiMAXだけでなく3G通信時のテザリングも定額になるため、WiMAXが利用できない場合でも契約するメリットが大きい。

yo_au01.jpgyo_au02.jpg +WiMAXに対応するauのスマートフォン。「MOTOROLA PHOTON ISW11M」(写真=左)。「DIGNO ISW11K」(写真=右)

photo +WiMAX対応のモバイルルーター「Wi-Fi WALKER DATA08W」

 さて、現時点で+WiMAXに対応するスマートフォンは、HTC製の「HTC EVO WiMAX ISW11HT」「HTC EVO 3D ISW12HT」、モトローラ・モビリティの「MOTOROLA PHOTON ISW11M」、京セラ製の「DIGNO ISW11K」、「ARROWS Z ISW11F」(12月中以降発売)の6機種。スマートフォンではなく料金体系も違うが、auのデータ通信端末「DATA01」「DATA02」「DATA03」「DATA04」「Wi-Fi WALKER DATA08W」の5機種も、3GとWiMAXを1台の端末で利用できる。

 これら11機種すべてが、上り15.4Mbpsに対応するのだろうか。KDDIに確認したところ、「KDDIが販売する端末で上り速度が向上するのは、『Wi-Fi WALKER DATA08W』『DIGNO ISW11K』『MOTOROLA PHOTON ISW11M』の3機種」(広報部)ということだった。この3機種はすでに“上り15.4Mbps”仕様で出荷されており、インフラ側(UQ)の準備が整えば、端末のアップデートなしで上り速度が速くなる。

photophotophoto 上り速度が最大10Mbpsのままの+WiMAX対応スマートフォン。左から、「HTC EVO WiMAX ISW11HT」「HTC EVO 3D ISW12HT」「ARROWS Z ISW11F」

 ほかの機種、特に発売前のARROWS Z ISW11Fについては「現時点で、非対応機種がアップデートで高速化に対応することはない」(KDDI広報部)とのことで、仕様上の上り速度は最大10Mbpsのまま。これは端末が採用した(WiMAXの)チップセットの仕様や、ハードウェアが認証試験などに通過するかしないかなどで差が出るという。

 現行WiMAXの上り10Mbpsという通信速度は、モバイル通信の中では十分速い。しかし、さらに1.5倍も性能が上がるのであれば、それに魅力を感じるユーザーも多いだろう。上り速度も重視して+WiMAX対応端末を選ぶ場合は、上り最大15.4Mbpsに対応しているかどうかも選択基準になりそうだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.