ニュース
» 2011年12月19日 16時34分 UPDATE

7色展開の防水スマートフォン「STAR7 009Z」、12月22日から販売

ソフトバンクのZTE製スマートフォン「STAR7 009Z」が12月22日に発売される。惑星をイメージした7色のカラバリをそろえた。

[田中聡,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルが12月19日、ZTE製のAndroidスマートフォン「STAR7 009Z」を12月22日から販売することを発表した。

photophoto ZTE製の「STAR7 009Z」。ボディカラーはアースターコイズ、ジュピターピンク、ネプチューングリーン、ヴィーナスイエロー、マーズピンク、サターンブラック、ムーンホワイト

 009Zでは、宇宙空間をイメージした7色のバリエーションを用意。各カラーは宇宙空間の惑星をモチーフにしており、色名からパッケージまでトータルで世界観を表現した。宇宙服を着たお父さんストラップを同梱する(初回出荷分のみ)ほか、宇宙服のお父さんが浮遊するライブ壁紙もプリインストールしている。

 IPX5/IPX7相当の防水性能、IP5X相当の防塵性能、ワンセグ、デコレメール、緊急地震速報など、ケータイでなじみの深い機能やサービスもサポートしている。災害・避難情報には後日アップデートで対応する予定。作成したテキストからワンタッチでデコレメールに変換する「楽デコ」も利用可能。ソフトバンクの秋冬モデルでは唯一となるSIMロック解除にも対応している。お父さんのキャラクターをあしらった20種類のアイコンをカテゴリー別に整理できるアプリ一覧や、ワンタッチでインフォメーションを表示できるアイコンなど、独自のUI(ユーザーインタフェース)も採用した。ROMは4Gバイト、RAMは512Mバイト。

「STAR7 009Z」の主な仕様
機種名 STAR7 009Z
OS Android 2.3
サイズ(幅×高さ×厚さ) 62×125×12ミリ
重さ 約152グラム
連続通話時間 W-CDMA:約370分、GSM:約430分
連続待受時間 W-CDMA:約410時間、GSM:約460時間
アウトカメラ 有効約503万画素CMOS(AF対応)
インカメラ
外部メモリ microSDHC(2Gバイト同梱/最大32Gバイト)
ディスプレイ 約3.8インチワイドVGA(480×800ピクセル)TFT液晶 最大6万5536色
ボディカラー アースターコイズ、ジュピターピンク、ネプチューングリーン、ヴィーナスイエロー、マーズピンク、サターンブラック、ムーンホワイト
主な機能 防水、ワンセグ、赤外線通信、緊急地震速報、GPS、Wi-Fi(IEEE 802.11 b/g/n)、HSDPA(14Mbps)、HSUPA(5.7Mbps)、Bluetooth(Ver.2.1) ほか

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.