ニュース
» 2011年12月22日 16時38分 UPDATE

発熱問題の詳細を確認:ARROWS Z ISW11Fは温度が上昇しやすい仕様

発熱して一部機能が停止する「ARROWS Z ISW11F」。一定の温度に達して機能が停止すること自体はISW11F特有の問題ではないが、ISW11Fは端末の温度が上昇しやすいという。

[田中聡,ITmedia]
photo ARROWS Z ISW11Fでは一定の温度に達すると、これ以上充電できない旨のメッセージが出る

 auの富士通東芝製スマートフォン「ARROWS Z ISW11F」で本体が発熱し、一部機能が停止する事象の詳細について、KDDIから回答を得られた。

 携帯電話の温度が一定の値に達すると、過度の温度上昇による火傷を防ぐため、充電や特定の機能が停止する。停止する基準となる温度は公表されていない。ISW11Fの場合は充電、Wi-Fi、カメラが停止するとのこと(3G通信など、その他の機能が温度上昇で停止することはない)。温度上昇で一部機能が停止する仕様はISW11F特有のものではなく、他のAndroidスマートフォンやiPhoneなどでも起こりうるが、ISW11Fは特に、充電停止の温度に達するまでが早く感じる。例えば、WiMAXをオン/テザリングを利用/LISMO WAVEを起動した状態でカメラを起動すると、程なくして「充電できない」旨のアラートが出た。

 KDDIによると、ISW11F本体の温度が上昇しやすいのは「デュアルコアCPUを備えていることに加え、本体が薄く、防水性能を備えているので熱が逃げにくいこと」が影響しているという。「(発熱時に充電や一部機能を停止する旨の)注意書きを同梱したのは、お客様に注意喚起をするため」。温度が上昇しやすい“仕様”であるため、ソフトウェアアップデートなどで改善されることもないとのこと。

 発熱しやすいことは、ユーザーの利便性を考えるとデメリットだが、発熱による機能停止自体はISW11F特有の問題ではないことに加え、デュアルコア/薄型/防水の恩恵を考えると仕方ないところか。いずれにせよ、ISW11Fでは充電しながら複数のアプリを長時間使用するといった酷使は、なるべく避けた方がよさそうだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.