トップ10
» 2011年12月26日 12時00分 UPDATE

Mobile Weekly Top10:変わる国産スマホの勢力図(12月19日〜12月25日)

ドコモの「ARROWS X LTE」とauの「ARROWS Z」が同時に発売され、アクセスランキングでは富士通端末の話題が多くを占めた。販売ランキングでは4SやSH-01Dを抜く人気のARROWS Zだが、発熱問題なども取りざたされている。

[平賀洋一,ITmedia]

 一週間に読まれた記事のアクセスをランキングするWeekly Top10。今回は12月19日から12月25日までを集計した。1位は先週に引き続き携帯販売ランキングで、AQUOS PHONE SH-01Dに替わって新発売のARROWS Z ISW11Fが首位になったという記事だった。

 KDDI向けのARROWS Zと同時に発売されたのが、NTTドコモ向けのARROWS X LTE F-05D。2機種とも前人気が高く、発売日には予約なしでは買えないという記事がアクセスランキングの2位に入っている。なお、携帯販売ランキングによると、ARROWS X LTEは初登場4位という結果だった。またこのタイミングで、au版のiPhone 4Sがトップ10圏外に交代している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう