ニュース
» 2011年12月26日 16時17分 UPDATE

ドコモ、spモード不具合を受けて対策本部を設置

12月20日に発生したspモードの不具合を受け、ドコモはネットワークの安定的な運用や処理能力向上を目指す「ネットワーク基盤高度化対策本部」を設置した。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモは12月26日、「ネットワーク基盤高度化対策本部」を25日に設置したことを発表した。

 この対策本部は、12月20日に発生したspモードの不具合を受けて設置された。スマートフォン利用者の急増に伴い、ネットワークの安定的な運用、処理能力のさらなる向上などを、全社横断的に検討・実現することを目指す。本部長を代表取締役社長の山田隆持氏、副本部長を代表取締役副社長の辻村清行氏が務める。メンバーは取締役常務執行役員以上と各関連組織長を含む38人で構成される。

 対策するポイントは「スマートフォン増大に伴うトラフィック増への対応」「異常時のバーストトラフィックへの対処」「ネットワーク装置やspモードサーバなど、端末の連携強化」「ネットワーク装置やspモードサーバなどの処理能力の再検証」「ネットワーク関連処理手順の再検証」「通信障害時の端末からの再接続要求に対する処理の平準化」の6点。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.