ニュース
» 2011年12月26日 23時01分 UPDATE

JRAの競馬場・ウインズと東京トヨペット全98店が「au Wi-Fi SPOT」を導入

KDDIは、JRAの全競馬場とウインズにauのスマートフォンユーザー向け無線LANスポット「au Wi-Fi SPOT」を導入すると発表した。また東京トヨペットも、都内98店舗でau Wi-Fi SPOTの提供を開始した。

[エースラッシュ,ITmedia]

 KDDIは12月26日、日本中央競馬会(JRA)の協力のもと、2012年1月28日より東京競馬場で公衆無線LANサービス「au Wi-Fi SPOT」の提供を開始すると発表した。

 今後、JRAのすべての競馬場と場外馬券場のウインズ(盛岡、水沢、川崎、佐賀、荒尾など地方競馬場内は除く)に順次提供していくという。

 また東京トヨペットは、トヨタ自動車とKDDIの協力のもと、都内の店舗にau Wi-Fi SPOTを導入した。内訳は、新車取り扱い66店舗、中古車店舗18店舗、レクサス13店舗、PiPit葛西の合計98拠点。車の点検・整備などの待ち時間に、auスマートフォンで高速なWi-Fi通信が可能になるほか。また、災害時に携帯電話回線が使いにくくなった場合でも、ネット接続環境が提供できるという。

 au Wi-Fi SPOTは、auのスマートフォンで「ISフラット」もしくは「プランF(IS) シンプル/プランF(IS)」を契約していると利用できる無料のサービス。auのAndroid端末なら、専用アプリの「au Wi-Fi接続ツール」を使用することで自動的にWi-Fi通信に切り替えられる。Androidのほか、auのiPhone 4Sでも利用可能だ。

 KDDIは今後もau Wi-Fi SPOTの設置を進め、2012年3月末には約10万スポットを目指すとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.