ニュース
» 2012年01月16日 10時10分 UPDATE

“RAZR”がAndroidになって復活――厚さ7.1ミリの「MOTOROLA RAZR IS12M」

モトローラ製の「MOTOROLA RAZR IS12M」は、日本でも人気を得た薄型ケータイ“RAZR”の名を持つAndroidスマートフォン。最厚部7.1ミリのスリムボディに、モトローラの独自機能を詰め込んだ。

[平賀洋一,ITmedia]

 あの“RAZR”がAndroidになって復活――モトローラ・モビリティ製の「MOTOROLA RAZR IS12M」は、薄型ボディで人気を博したRAZRブランドのスマートフォン。その名にふさわしく、最薄部7.1ミリとスリムなボディを持つ。

photophoto 「MOTOROLA RAZR IS12M」。ボディはシャドーブラック、グレイシアホワイト

photophotophoto

 ボディの材質には、同じ重さの鋼鉄と比べて5倍の強度を保つというKEVRAファイバーを採用。強度と軽量化の両立を図った。メインディスプレイには4.3インチのQHD(540×960ピクセル)表示有機ELを搭載し、キズの付きにくいゴリラガラスも使われている。

 CPUは1.2GHz駆動のデュアルコアプロセッサを搭載。WiMAXとWIN HIGH-SPEEDには対応しないが、CDMAとGSM、UMTS、GPRSと、海外ローミング(グローバルパスポート)の対応エリアを充実させた。また、ワンセグやおサイフケータイ、赤外線通信には対応しない。ボディカラーはシャドーブラックとグレイシアホワイトの2色をラインアップする。

 そのほか、1日の行動に合わせてバッテリーの消費電力を自動で最適化る「smart action」、専用のHDステーションに乗せることで大画面に専用デスクトップ環境を出力する「webtop」、SNSを一元管理できる「MOTOBLUR」、自宅PC内のファイルに端末からアクセスできる「MOTOCAST」などに対応。3月上旬以降の発売を予定している。

「MOTOROLA RAZR IS12M」の主な仕様
機種名 MOTOROLA RAZR IS12M
OS Android 2.3
CPU OMAP4430 1.2GHz
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約69×131×10.7ミリ(最薄部7.1ミリ)
重さ 約127グラム(暫定値)
連続通話時間 約580分(暫定値)
連続待受時間 約220時間(暫定値)
メインカメラ 有効約800万画素CMOS
インカメラ 有効約130万画素CMOS
外部メモリ microSDHC(最大32Gバイト)
ディスプレイ 約4.3インチQHD(540×960ピクセル)Super AMOLED Advanced
ボディカラー シャドーブラック、グレイシアホワイト
無線LAN IEEE802.11b/g/n
Bluetooth 4.0LE+EDR
外部インタフェース microUSB
主なサービス・機能 Eメール(〜@ezweb.ne.jp)、SMS(Cメール)、デコレーションメール、緊急地震速報、グローバルパスポートCDMA/GSM/UMTS/GPRS、GPS、Webtop ほか
発売日 3月上旬以降

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.