ニュース
» 2012年01月24日 16時44分 UPDATE

「AQUOS PHONE SH-01D」と「F-06C」に不具合、ソフトウェア更新開始

ドコモは、スマートフォン「AQUOS PHONE SH-01D」とXiデータ端末「F-06C」向けのソフトウェア更新を開始した。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモが1月24日、シャープ製スマートフォン「AQUOS PHONE SH-01D」と富士通製のXiデータ端末「F-06C」の不具合を解消するアップデートを開始した。

photophoto 「AQUOS PHONE SH-01D」(左)と「F-06C」(右)

 アップデートにより解消される不具合は以下のとおり。

AQUOS PHONE SH-01D

  • YouTubeアプリで動画視聴中かミュージックプレイヤーアプリで音楽再生中に、異音が発生する場合がある。
  • Wi-Fi設定のオン/オフを繰り返した際、まれにSH-01Dがフリーズ、再起動する場合がある。

F-06C

  • F-06CをPCに挿入すると、まれにF-06Cが再起動する場合がある。

 SH-01D向けの新しいソフトウェアは自動でダウンロードされ、あらかじめ設定した時間(初期状態は午前3時)に書き換えられる。「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア更新」から手動での更新も可能。更新の所要時間は約9分。なお、Wi-Fi接続中は更新できない。

 F-06Cは、富士通のWebサイト(外部リンク)からソフトウェア更新ツールをWindows PCにダウンローして更新する。ダウンロード後のバージョンは「Ver.1.01」。更新の所要時間は約2分。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう