ニュース
» 2012年01月24日 21時30分 UPDATE

iPhoneアプリ「周波数帳2012」を使って無線受信を体験してきた

書籍「周波数帳2011-2012」に掲載されている周波数データを手軽に持ち出せるiPhoneアプリ「周波数帳2012」では、日本のあらゆる周波数データを調べられる。どんな周波数データを検索できるのか。アプリを使ってみた。

[田中聡,ITmedia]
photo 「周波数帳2012」アプリ

 日本のあらゆる無線局の周波数データを調べられるiPhoneアプリ「周波数帳2012」が配信されている。同アプリは、三才ブックスが発行している書籍「周波数帳2011-2012」に掲載されている周波数データをアプリに収めたもので、全国14万件、26ジャンルの周波数データが収録されている。書籍版は重さ1.3キログラム、厚さ63ミリという電話帳並みのボリュームで手軽に持ち出しにくいことから、iPhoneアプリが開発された。

 アプリの販売価格は85円で、初期状態では「ラジオ」「アマチュア無線レピータ」という2つのジャンル(計5000件)が収録されている。これにアプリ内課金を利用することで、消防/救急、警察/署活系、航空、鉄道、バス、タクシー、海保/自衛隊など、他ジャンルの周波数データベースを購入できる。2800円の全国データ一括パックと、地域ごとに800円または1200円のデータパックが販売されている。

 周波数は現在地、都道府県、ジャンル、フリーの4つから検索ができる。現在地ではGPS機能を利用し、近くの周波数が一覧表示される。フリーでは周波数、キーワード、エリアなどを指定した複合検索が可能。聴取した通信内容の録音機能、Twitterへの投稿やメール送信できる連携機能、アプリ内にテキストデータを保存できるメモ機能も用意されている。なお、iPhone自体には受信機能はないので、周波数帳2012で調べた電波を受信して音声を聴いたり、アプリの録音機能を使うには専用の受信機が必要。

 1月24日に三才ブックスが開催したツアーに参加し、同アプリ経由の無線受信を体験してきた。最初に立ち寄った羽田空港 国際線展望デッキでは航空無線を検索し、ヒットした「東京国際空港」の周波数「128.800MHz」に受信機のチューニングを合わせたところ、管制塔から発信された気象情報(英語)を聴取できた。その後、羽田空港付近のリムジンバスや消防庁の無線も調べて聴取できた。ここには書きにくいが、“普段はまず聴けない音声”が流れている電波をキャッチしてしまうこともあった。

photophotophotophoto +D Mobile編集部のある東京都大手町付近の周波数を検索。さまざまな周波数のデータが並ぶ(写真=左端)。都道府県から目当てのジャンルの周波数を調べられる(写真=左中)。検索に用意されているジャンル(写真=右中、右端)
photophotophotophoto 周波数、キーワード、エリアの複合検索が可能(写真=左端)。羽田空港近くのリムジンバスを検索(写真=左中)。検索したデータのメモやTwitter投稿などが可能(写真=右中)。用語辞典も用意されている(写真=右端)
photo ボイスレコーダー機能を利用し、受信機で流した音声の録音もできる。録音データは「メモ」から確認できる

photophotophoto 電波を受信するには専用の無線機器が必要(写真=左)。検索した周波数帯を受信機に入力する(写真=中)。羽田空港の管制塔(写真=右)

 筆者は「自分で無線通信を受信して聴くこと」自体がほぼ初めてだったので、新鮮な体験だった。受信機を別途用意する必要があるのでゼロから楽しむにはハードルが高いが、ディープな無線世界を垣間見られた気がする。趣味や仕事など何かしらの形で無線通信に携わっている人には、周波数帳2012アプリが活動の一助になってくれるはすだ。

alt

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.