ニュース
» 2012年01月25日 21時04分 UPDATE

KDDI、「au one Friends Note」を拡張――クラウド連携機能を提供

KDDIとJibe Mobileが「au one Friends Note」の機能を拡張。アドレス帳データへのバックアップや、更新情報の自動通知機能などが利用可能になる。また、新規会員登録キャンペーンも実施する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 KDDIとJibe Mobileが、ソーシャルアドレス帳アプリ「au one Friends Note」の機能を1月26日15時から拡張する。利用料金は無料。

 au one Friends Noteは、友人とお気に入りアイテムの情報を共有する「Collection Note」をはじめ、さまざまなソーシャルサービスとアドレス帳を統合したもの。今回の機能拡張ではクラウドサービスとの連携により、自動または手動でアドレス帳のバックアップが可能となった。au one-IDを利用し、機種変更でのデータ移行をはじめ、PCで追加や編集したアドレスをスマートフォンと同期させることもできる。

 さらに、アドレス帳を相互に登録している友人に向けて、最新の電話番号やEメールアドレス、SNSの利用状況の通知が可能。プロフィールの設定を「共有」にすると、友人へ最新情報が常に表示されるので、連絡手段が途切れる心配がない。

Photo 「au one Friends Note」の自動通知機能

 あわせて、au one Friends Noteの新規登録キャンペーンを1月30日から2月29日まで実施する。サービス内容を開設したアニメ動画を毎日配信するほか、登録者の中から抽選で「auポイント」を1000ポイントプレゼントする。

 アプリのダウンロードはau one Market→「カテゴリ」→「ネット・コミュニケーション」→「SNS・ブログ・Twitter」となっており、すでに「au one Friends Note」を利用しているユーザーはソフトウェアのバージョンアップで利用可能だ。対応機種はAndroid2.1以降のスマートフォンで、2012年春モデルと「AQUOS PHONE IS14SH」「ARROWS ES IS12F」は順次対応する。

alt

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.