ニュース
» 2012年01月30日 23時08分 UPDATE

ULTRA SPEED対応「HONEY BEE 101K」発売 新規も機種変も実質0円

ソフトバンクモバイルが発売した京セラ製の高性能Androidスマートフォン「HONEY BEE 101K」は、高性能ながらも実質負担額0円で購入できる。

[ITmedia]

 ソフトバンクモバイルが1月27日、ウィルコムのPHSで発売されてきたHONEY BEEのコンセプトを継承するAndroidスマートフォン「HONEY BEE 101K」の販売を開始した。

Photo HONEY BEE 101K

 HONEY BEE 101Kは、女子高生を意識した操作性や機能を盛り込みつつ、下り最大21Mbps/上り最大5.7MbpsのULTRA SPEEDへの対応や、1.2GHz動作のデュアルコアCPU搭載チップセット「MP5225」の採用など、快適な動作も実現した意欲的なモデル。

 本体価格は新規契約時で2万3520円、機種変更時でも3万720円と、これだけのスペックを備えたAndroidスマートフォンにしては非常に安い。毎月の利用料金から一定額を割り引く月月割を適用することで、ほとんどのケースで実質負担額が0円になる。

「HONEY BEE 101K」の価格

利用期間 端末価格 月月割 実質負担額
新規 2万3520円(980円×24回) 980円 0円(0円×24回)
2年以上 3万720円(1280円×24回) 1280円 0円(0円×24回)
1年6カ月以上2年未満 3万720円(1280円×24回) 780円 1万2000円(500円×24回)
1年以上1年6カ月未満 3万720円(1280円×24回) 490円 1万8960円(790円×24回)
6カ月以上1年未満 3万720円(1280円×24回) 490円 1万8960円(790円×24回)
※「パケットし放題フラット/パケットし放題フラット for スマートフォン」契約時
※現在利用中の端末を新スーパーボーナスで購入している場合は2年以上の価格を適用

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.