ニュース
» 2012年02月03日 13時45分 UPDATE

PHS×Androidスマートフォン:ウィルコム、「WX01NX」と「Vision 007HW」のセットを発売――直販サイトでは「X PLATE」とVisionの組み合わせも

ウィルコムは、小型軽量のシンプルなPHS端末「WX01NX」と、Android 2.3を搭載したHuawei製のAndroid端末「Vision 007HW」のセット販売を開始する。オンラインストアでは、X PLATEとの限定セットも用意する。

[平賀洋一,ITmedia]

 ウィルコムは、ネットインデックス製のPHS端末「WX01NX」とHuawei製のAndroidスマートフォン「Vision 007HW」のセットを2月10日に発売する。

photo 「WX01NX×Vision 007HWセット」。カラーは、ライトブルーとオービタルブラック、ライトピンクとビビッドピンクのセットの2つ

 WX01NXは、コンパクトなラウンドフォルムを採用したストレート型モデル。ディスプレイは1.8インチで、ボディサイズは幅44.5×高さ112.5×厚さ11ミリ、重さは67グラムと小型・軽量なのが特徴。通話のほかウィルコムのライトメールに対応し、アドレス交換に役立つ赤外線機能を搭載する。また、充電端子としてmicroUSBを採用しているが、PHS回線を使ったデータ通信はできない。

※初出時に「PHS」をPSHと誤記していました。お詫びして訂正いたします。(2/7 17:24)

 Vision 007HWは、ソフトバンクモバイルが販売する製品とほぼ同じ仕様のもの。3G通信はソフトバンクモバイル網を利用し、「S!メール」(〜@softbank.ne.jp)を利用できるアプリもプリセットされている。SMSの送受信は可能だが、音声通話はできない。CPUは1GHz動作のSnapdragon MSM8255プロセッサを搭載し、OSはAndroid 2.3を採用した。ディスプレイは3.7インチのワイドVGA(480×800ピクセル)表示に対応したTFT液晶で、有効約500万画素CMOSのアウトカメラと有効約30万画素CMOSのインカメラを備える。通信速度は下り最大14.4Mbps、上り最大5.76Mbpsの3Gハイスピードに対応する。

 セットの料金プランには「新ウィルコム定額プランGS」を適用し、月額の基本料金は2台で1450円。WX01NXはPHS同士の通話とメール送受信が無料になり、固定回線や携帯電話への通話は21円/30秒が課金される。スマートフォンでの3G通信は0円〜5250円(0.105円/パケット)。契約には年間契約が必要となり、期間中の解約などには契約解除手数料が発生する。また契約から3年以内の解約や機種変更、新ウィルコム定額プランS以外への料金コース変更には、さらに新ウィルコム定額プランGS解除料が必要がかかる。

 販売価格は、W-VALUE SELECTを利用した場合で一括が3万4800円、24回の分割払いでは月額1450円。ただし、月1450円の割り引きが最大で24回続くため、2年間継続利用すると、実質負担は0円で利用できる。

photo ウィルコム限定の「X PLATE×Vision 007HWセット」

 なお、ウィルコムストアでは、ストレート型のPHS端末「X PLATE」とのセットも限定発売する。価格は、W-VALUE SELECTを利用した場合の一括が3万4800円、24回の分割払いでは月額1450円。こちらも月1450円の割り引きが最大で24回続くため、2年間継続利用すると実質負担は0円になる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう