ニュース
» 2012年02月10日 21時17分 UPDATE

日本トラストテクノロジー、iPad/iPhone向けのカラオケ練習用防音マイクを発売

周囲を気にせず自宅でカラオケの練習ができる防音マイク「うるさくないカラOK!ミュートマイク for iPad/iPhone」が登場。ミュートカップが歌声の漏れを大幅にカットし、録音用マイクとしても利用できる。

[エースラッシュ,ITmedia]
Photo 「うるさくないカラOK!ミュートマイク for iPad/iPhone」の付属品

 日本トラストテクノロジー(JTT)は、iPad/iPhone向け防音マイク「うるさくないカラOK!ミュートマイク for iPad/iPhone」を発売。同社直販サイトでの限定発売で、価格は3980円。

 同製品は、周囲を気にせず自宅でカラオケの練習ができる防音マイクだ。マイクに付いた「ミュートカップ」が口の周りを完全に覆うことで歌声を閉じ込め、カップ内側の「静音ウレタン」が音を吸収して外部への音漏れを大幅にカットするという。使い方は、カップの中にケーブルとマイクを通して押し込み、マイクケーブルをiPad/iPhoneのイヤフォン端子に接続。イヤフォンを耳に入れ、マイクケーブル端子にあるイヤフォンジャックに挿入すればすぐに使える。

Photo ミュートカップ」の防音イメージ

 ミュートカップを付けずにイヤフォン端子に接続すれば、iPad/iPhoneの外部マイクとしても利用可能だ。内蔵の「ボイスメモ」などの録音アプリがより使いやすくなるほか、付属のマイクホルダーをマイクスタンドに固定すれば、本格的なボーカルとしての録音にも利用できる。

PhotoPhoto 録音アプリの利用に便利なiPad/iPhoneの外部マイクとして(写真=左)だけでなく、付属のマイクホルダーをマイクスタンドに固定して本格的なボーカル録音にも使える(写真=右)

 iPad 2やiPhone 4Sなどアプリ画面の映像を外部出力できる端末では、別売の「iPad/iPhone用HDMI&アナログ 最強AVアダプター」をドッグコネクターに接続し、HDMIケーブルとテレビをつなげばカラオケ画面の投影も可能。この場合、音声の出力はテレビ側からとなるため、イヤフォンはテレビの端子に接続する必要がある。さらにカップ内側の静音ウレタンは取り外しでき、ウレタンを外してカップが洗えるなど清潔に保てる。

 マイクのサイズは長さが220ミリで直径は50ミリ、重さは165グラム。防音カップの長さは120ミリで最大直径が110ミリ、重さが86グラムだ。対応機器はiPad/iPad 2、iPhone 3/3G/4/4S、第1〜第4世代 iPod touch。なお、現在マイクから音声を入出力可能なカラオケiOSアプリは「セガカラ」のみ。

photoPhoto 映像を外部出力できる端末では、テレビにカラオケ画面を投影できる(写真=左)。Photo,カップ内側の静音ウレタンは取り外し可能(写真=右)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう