ニュース
» 2012年02月17日 20時41分 UPDATE

繊細なタッチ操作が可能なタッチペン「Jot」にミニサイズが登場

プリンストンテクノロジーは、タッチパネルとの接触部分がひと目で分かる「Jot」シリーズに、小型モデルを追加した。ペンの先端部分にボールポイント式の透明ディスクが取り付けられている。

[エースラッシュ,ITmedia]

 プリンストンテクノロジーは、よりコンパクトで繊細な描写を可能としたスマートフォン・タブレットPC用タッチペン「Jot Mini」を2月下旬に発売する。価格はオープンで、実売予想価格は2780円。

PhotoPhoto 左からグリーン、レッド、ブルー、パープルのスマートフォン・タブレットPC用タッチペン「Jot Mini」(写真=左)。ペン先の透明ディスクで接点を視認できる(写真=右)

 Jot Miniは、ペンの先端部分に透明ディスクを装備し、タッチパネルとの接触部分を視認できるというもの。ペンを当てている部分がひと目で分かるため、通常のペンと同じように正確で繊細な描写が可能だ。ボールポイント式によって透明ディスクが+−45度の範囲で自由に動くため、書きやすい好みの角度に変えられるという。

 先端の透明ディスクやペン先のボールポイントの形状は、これまでに発売した「Jot」や「Jot Pro」より小さくコンパクトに変更。握り心地はそのままで、スマートフォンサイズでも快適に扱えるサイズを実現している。グリーン、レッド、ブルー、パープルという4色のカラーを用意し、胸ポケットに挿して持ち運びしやすいペンクリップを装備。付属の保護キャップでペン先をしっかりガードし、ボディには質感のいいアルミ製の素材を採用している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう