ニュース
» 2012年02月23日 21時37分 UPDATE

ドコモ、災害時にGoogleやTwitterサービスと連携

ドコモがICTを活用し、災害時の被災地支援の取り組みを推進する。災害用伝言板からのパーソンファインダー上にある安否情報確認や、公共性の高いTwitterアカウントへの簡易アクセスなどを実現する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモは、災害時のICT(情報通信技術)活用の推進として、Googleの「パーソンファインダー」やTwitterとの連携を実施、災害時に容易に情報収集が行える環境を構築する。

 パーソンファインダーと災害用伝言板を連携させ、災害用伝言板を見るだけでパーソンファインダーに登録されている安否情報が確認可能になる。この連携は2012年3月末に対応する。今後はNTTグループや他事業者が提供する安否情報確認サービスとも幅広く連携する予定だ。

Photo パーソンファインダーと災害用伝言板の連携イメージ

 Twitter連携は、災害時に「dメニュー」または「iMenu」のトップページに政府や地方自治体、交通、インフラ会社などの公共機関や、新聞社やテレビ局といった報道機関が持つTwitterアカウントを一覧表示する。ユーザーは情報発信をしているアカウントへ簡単にアクセスでき、情報収集できる仕組みだ。表示アカウント一覧はTwitter側からの情報提供を受けて作成する。

Photo Twitter連携イメージ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう