レビュー
» 2012年02月24日 13時31分 公開

最新スマートフォン徹底比較(2011年度冬春モデル編):第2回 バッテリーの持つスマートフォンは? 省電力機能はどう?――35機種を検証 (3/3)

[田中聡,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

YouTube動画を2時間再生……最もバッテリーが持った機種は?

 ここまでバッテリー容量、連続使用時間、省電力設定などを見てきたが、実際のところバッテリーが持つのはどの機種なのか。これを調べるため、2月5日から2月23日にかけて、東京都江東区の室内にて35機種のベンチマークテストを実施。35機種で2時間強のYouTube動画を再生し、1時間後と2時間後のバッテリー残量を記録した。

 計測条件は以下のとおり。

  • 満充電の状態で計測開始。
  • Android端末では「Battery Mix」アプリを使って残量を確認。
  • 動画視聴時のディスプレイは常時点灯のまま。
  • 端末に保存されているアプリ数はほぼ初期状態のまま。
  • Wi-Fi、GPS、Bluetoothはオフに。
  • ディスプレイの明るさは中間程度に統一。
  • LTEとWiMAXは圏内だったので、auのWiMAX対応機はWiMAXをオンにした。

 なお、スケジュールと充電環境の都合上、35機種すべてを同じ時間帯ではテストできなかった。完全に同一の環境下で実施したテストではないので、数値はあくまで参考値ととらえてほしい。

 1時間後と2時間後に最もバッテリー消費量が少なかったのは、MEDIAS PPだった。最初の1時間では6%しか消費せず、2時間後の残量は唯一の80%台である80%だった。MEDIAS PPの「PP」は「Power Plus」を意味するが、バッテリー機能に注力したPPの面目躍如といえる。次いで好成績だったのが兄妹モデルのMEDIAS CHで、2時間後の残量は76%だった。iPhone 4Sのバッテリーも安定しており、auとソフトバンクともに1時間後が82%、2時間後が73%だった。バッテリー容量が最大のGS02も長持ちし、2時間後は64%だった。以下、GALAXY S II WiMAX(58%)、「STAR7 009Z」(56%)、103SH(54%)と続く。2時間後の残量は40%〜50%台前半が最も多かった。スペック上の連続待受時間が最長の103SHは7位、バッテリー容量が最小の101SH(1020mAh)は13位の50%で意外と持ち、必ずしもスペックに準じた結果にはならなかった。

 一方、バッテリー消費が最も激しかったのがMEDIAS LTEで、2時間後にはわずか11%しか残らなかった。同じNECカシオ製のMEDIAS PP/CHとは対照的だ。MEDIAS LTEのバッテリー容量1520mAhはPPやCH(1700mAh)よりは少ないが、それだけでここまでの差が生じたとは考えにくく、LTE対応のベースバンドチップが影響している可能性が高い。次いで19%のARROWS Z、24%のSH-01Dもあまり持たなかった。

 MEDIAS LTE、ARROWS Z、SH-01Dに共通するのがHD液晶を搭載していること。解像度が上がるとピクセルのサイズが小さくなり、バックライトの光が透過しにくくなる。したがって相応の輝度アップが必要になり、その分消費電力が増す。ただ、同じくディスプレイ解像度がHDで有機ELを搭載するGALAXY NEXUSは50%、GALAXY S II WiMAXの残量は58%で比較的長持ちした。MEDIAS PP/CHのディスプレイも有機ELだ。再生した動画は黒い背景が多かったため、自発光の有機ELは液晶よりも消費電力を抑えられたのかもしれない。そう考えると、HDに次いで高解像度の640×960ピクセルの液晶を搭載するiPhone 4Sは優秀だ。iPhone 4Sのバッテリーの容量は公表されていないが、1420mAh程度と言われており、2時間後の残量上位のモデルよりも少ない。ソフト側で消費電力を抑える高度な処理が行われているのだろう。

 「バッテリーがあまり持たない」と言われるLTEスマートフォン(参照記事)ではGALAXY S II LTEの52%が最も長持ちした。ARROWS X LTEは41%、Optimus LTEは35%で、MEDIAS LTEも含めて全体的に低調だった。auのWiMAX搭載スマートフォンでは58%のGALAXY S II WiMAXが最も持ち、以下「MOTOROLA PHOTON ISW11M」(50%)、「HTC EVO 3D ISW12HT」(48%)、DIGNO (43%)、ARROWS Z(19%)と続く。WiMAX/LTE対応機は、どちらもSamsung端末が高い実力を発揮している。

YouTube動画再生後のバッテリー残量
1時間後 2時間後
F-03D Girls' 74% 47%
ARROWS X LTE F-05D 72% 41%
ARROWS μ F-07D 76% 53%
Optimus LTE L-01D 72% 35%
PRADA phone by LG L-02D 74% 50%
MEDIAS PP N-01D 94% 80%
MEDIAS LTE N-04D 67% 11%
P-01D 80% 52%
LUMIX Phone P-02D 74% 47%
GALAXY S II LTE SC-03D 76% 52%
GALAXY NEXUS SC-04D 75% 50%
AQUOS PHONE SH-01D 64% 24%
AQUOS PHONE slider SH-02D 74% 46%
REGZA Phone T-01D 66% 31%
ARROWS Z ISW11F 62% 19%
ARROWS ES IS12F 75% 48%
DIGNO ISW11K 71% 43%
HTC EVO 3D ISW12HT 74% 48%
Optimus X IS11LG 67% 29%
MOTOROLA PHOTON ISW11M 80% 50%
MEDIAS BR IS11N 78% 41%
GALAXY S II WiMAX ISW11SC 82% 58%
AQUOS PHONE IS13SH 76% 52%
AQUOS PHONE IS14SH 64% 27%
iPhone 4S(au) 82% 73%
HONEY BEE 101K 67% 34%
MEDIAS CH 101N 90% 76%
LUMIX Phone 101P 74% 49%
AQUOS PHONE THE HYBRID 101SH 77% 50%
AQUOS PHONE 102SH 72% 41%
AQUOS PHONE 103SH 78% 54%
STAR7 009Z 76% 56%
iPhone 4S(ソフトバンク) 82% 73%
GS02 88% 64%
Sony Ericsson mini(S51SE) 73% 45%

photophoto 今回のテストでバッテリー残量が高かった順にグラフで表示。左が1時間後、右が2時間後の残量

 先述した省電力機能をオンにした状態ではどうか。SH-01Dでエコ技の技ありモード、ARROWS Zでエコモード(すべての省エネ機能をオンにした)を有効にしたところ、2時間後の残量はSH-01Dが36%(24%から向上)、ARROWS Zが33%(19%から向上)で、一定の効果が得られた。GS02の省電力モード使用後も、2時間後の残量は省電力モード未使用時の64%から、70%に上がった。一方、DIGNOの省電力ナビ使用後の残量は、未使用時の43%よりも少ない41%だった。今回のテストではバックライトが常時点灯していたので、あまり効果が得られなかったのかもしれない。

 バッテリーをいかに持たせるかは、現在も各メーカーが苦心している部分だ。バッテリー容量、ディスプレイ、CPU、アプリ通信など、さまざまな要素からアプローチする必要があるだろう。一朝一夕に解決できるものではないが、スマートフォンの省電力化がさらに進むことを期待したい。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう