ニュース
» 2012年02月24日 20時48分 UPDATE

「Wi-Ho!」に40カ国で利用できる新サービス「欧州周遊タイプ」が登場

海外渡航時にモバイルルーターをレンタルするサービス「Wi-Ho!」に、1契約でヨーロッパ40カ国での利用が可能になる「欧州周遊タイプ」が登場した。

[エースラッシュ,ITmedia]
Photo 「欧州周遊タイプ」対象国

 テレコムスクエアは、海外向けのレンタルデータ通信サービス「Wi-Ho!」の新プランとして、ヨーロッパの40カ国で利用できる「欧州周遊タイプ」の提供を開始した。利用料金は1日あたり1500円。

 Wi-Ho!でレンタルするのは、定額制のモバイルWi-Fiルーター。従来は複数の国で利用したい場合、渡航国の数だけ機器をレンタルして持ち運ぶ必要があった。欧州周遊タイプは、1台で40カ国のデータ通信が行え、最大5台のWi-Fi対応機器を同時利用することができる。

 対象国以外で利用した場合のパケット通信料は1Kバイトあたり1円となる。対象国は、アイスランド・デンマーク・アイルランド・ドイツ・アルバニア・ノルウェー・アンドラ・バチカン市国・イギリス・ハンガリー・イタリア・フィンランド・エストニア・フェロー諸島・オーストリア・フランス・オランダ・ブルガリア・キプロス・ベルギー・ギリシャ・ポーランド・クロアチア・ボスニアヘルツェゴビナ・サンマリノ・ポルトガル・ジブラルタル・マルタ・スイス・モナコ・スウェーデン・ラトビア・スペイン・リトアニア・スロバキア・リヒテンシュタイン・スロベニア・ルーマニア・チェコ・ルクセンブルク。

 欧州では短期間に大量データ通信が行われないよう通信量を規制する場合があるが、Wi-Ho!は他社製品と比較してパケット通信の許容量が約10%多くなっているという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう