ニュース
» 2012年02月29日 17時12分 UPDATE

当面は通信量に上限なし:イー・アクセス、「EMOBILE LTE」を3月15日にスタート――料金は月額3880円から

イー・アクセスは、下り最大75Mbpsの高速通信サービス「EMOBILE LTE」を3月15日に開始する。料金は月額3880円から利用でき、2014年5月までは月次の通信量に上限を設けない。

[平賀洋一,ITmedia]

 イー・アクセスは、LTEサービスの「EMOBILE LTE」を3月15日に開始すると発表した。対応端末のHuawei製Wi-Fiルーター「Pocket WiFi LTE(GL01P)」を同時に発売する。

 EMOBILE LTEは、下り最大75Mbps/上り最大25Mbps(一部エリアのみ)の高速通信が可能な次世代通信サービス。料金プランとして専用の「LTEフラット」を用意し、契約種別に「にねん+アシスト1600」を選択した場合は月額3880円から利用できる。LTEフラットの料金構成(基本使用料、データ通信タイプの定額料金、月額割など)は、以下の通り。

LTEフラットの月額料金例
契約種別 月々の合計料金 基本使用料 データ通信タイプ「フラット」の定額料 月額割(※)
にねん 3880円 500円 3380円
にねん+アシスト1600 3880円 2100円 −1600円
にねん+アシスト2900 5480円 3400円 −1300円
ベーシック 5060円 1680円
※:月額割は加入時期や加入条件に応じて金額が異なり、詳細は3月1日以降に公表される

EMOBILE LTEに対応する契約種別
契約種別 長期契約割引 契約解除料 契約期間 契約期間満了後の契約種別
にねん 9975円 2年 にねん
にねん+アシスト1600 3万8400円 3万8400円〜1万0800円
にねん+アシスト2900 6万9600円 6万9600円〜1万2100円
ベーシック 契約期間なし
契約種別「ベーシック」と「にねん」は、6月1日から受付を開始。「にねん」は解除しない限り2年単位で自動更新する

 EMOBILE LTEの全国人口カバー率は、開始直後の3月末時点で約40%だが、6月末には東名阪の主要都市(東京23区/千葉市/さいたま市/横浜市/川崎市/名古屋市/京都市/大阪市/堺市/神戸市)で人口の99%をカバーする計画。その後は、2013年3月までに全国人口カバー率を70%まで向上させる。なお、スタート時点で下り最大75Mbps/上り最大25Mbpsの通信が可能なのは、サービスエリア内でも一部地区に限られ、それ以外では通信速度は下り最大37.5Mbps/上り最大12.5Mbpsになる。LTEエリアの圏外では、下り最大42Mbpsの「EMOBILE G4」の通信を提供する。

 LTEサービスでも1日ごとの通信料制限は実施し、24時間ごとのデータ通信量が300万パケット(366Mバイト)以上の場合は、当日21時から翌日2時までの5時間で通信速度を制御する。ただし、1カ月単位の通信量制限は当面設けず、2014年5月までは月次の上限なしでLTEサービスを利用できる。2014年5月以降、月間10Gバイトを超える場合は、その月末までの通信速度を制限する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.