ニュース
» 2012年03月26日 14時54分 UPDATE

ドコモ、「LYNX 3D SH-03C」と「P-01D」のソフトウェア更新を開始

ドコモのスマートフォン「LYNX 3D SH-03C」と「P-01D」の不具合を解消するソフトウェア更新が開始された。

[田中聡,ITmedia]
photo SH-03C(左)とP-01D(右)

 NTTドコモが3月26日、シャープ製「LYNX 3D SH-03C」とパナソニック モバイルコミュニケーションズ製「P-01D」の不具合を解消するソフトウェアアップデートを開始した。

 アップデートにより解消される不具合は以下のとおり。

LYNX 3D SH-03C

  • 特定のサイトでブラウザからファイルをアップロードすると、完了後の画面で一部文字化けが発生する場合がある。

P-01D

  • 特定の条件下で、充電中にランプが点灯しない場合がある。

 SH-03Cでは新しいソフトウェアが自動でダウンロードされ、あらかじめ設定した時間(初期状態は午前2時〜4時)に書き換えられる。「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア更新」から手動での更新も可能。更新時間は約11分。

 P-01Dは自動更新に対応していないので、手動で更新する必要がある。「設定」→「端末情報」→「機能バージョンアップ」→「サーバから更新」→「ソフトウェア更新」から更新する。また、パナソニック モバイルのWebサイト(外部リンク)から更新ファイルをダウンロードし、microSDに転送してから更新することも可能。更新方法は手動更新と同じ。更新時間は約21分。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう